キンバイタウコギ(金梅田五加木)

多年草
中央アメリカ原産でときに栽培される。1970年に千葉県野田市で見いだされた。関東地方以西に帰化している。全体に無毛。茎には多くの稜があって直立し、中部より上でよく分岐して高さ70cmほどになる。葉は先の尖った広披針形で、縁には細鋸歯があり、短い柄があって対生する。葉身はときに3深裂する。茎の頂で分岐して直径5cmほどの頭花を多数つける。舌状花は橙黄色で褐色の脈が入り、先端が5裂して4〜8枚、筒状花も橙黄色。そう果は筒状花だけにでき、逆刺のある2本の針がある。花期は晩秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Bidens aurea
キク科センダングサ属
似た花にキクザキセンダングサ(ウインターコスモス Bidens laevis)があり、葉は線形で細く羽状細裂する。


2012年10月29日 植裁 東忌部
キンバイタウコギ花 キンバイタウコギ花 キンバイタウコギ花序
キンバイタウコギ



2010年11月20日 植裁 東忌部
キンバイタウコギ花 キンバイタウコギ花 キンバイタウコギ花
キンバイタウコギ花 キンバイタウコギ花 キンバイタウコギ花
総苞。総苞片の拡大。花柄には伏毛がある。
キンバイタウコギ総苞 キンバイタウコギ総苞片 キンバイタウコギ花柄
葉は葉柄を含めて長さ約12cm。葉は無毛、細かな鋸歯がある。
キンバイタウコギ葉 キンバイタウコギ葉 キンバイタウコギ葉
葉の裏面は無毛。葉は対生する。茎は無毛。葉柄は茎を抱く。
キンバイタウコギ葉裏面 キンバイタウコギ葉 キンバイタウコギ茎
キンバイタウコギ キンバイタウコギ
2012年12月29日 花後 東忌部枯れた頭花。筒状花の子房(果実)に2本の冠毛がある。
キンバイタウコギ花後 キンバイタウコギ花後 キンバイタウコギ筒状花
筒状花は子房を含めて長さ約1cm。冠毛は長さ約3mm。冠毛には下向きの刺がある。
キンバイタウコギ筒状花 キンバイタウコギ冠毛 キンバイタウコギ冠毛
冠毛の刺。冠毛の基部や果実に小さな刺がある。
キンバイタウコギ冠毛 キンバイタウコギ キンバイタウコギ
2012年8月19日 野生化 東忌部
キンバイタウコギ葉 キンバイタウコギ葉 キンバイタウコギ茎
キンバイタウコギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑