キキョウ(桔梗)

多年草
北海道〜九州の日当たりのよい草地に生える。高さ0.5〜1m。太い黄白色の根があり、地中に深くのびる。葉は互生し、長さ4〜7cmの狭卵形で鋭い鋸歯がある。茎の先に青紫色の花が数個つく。花冠は直径4〜5cmの鐘形。雄しべが花粉を出して倒れてしまってから、花柱の先が5つに開く。花期は7〜9月。(野に咲く花)
学名は、Platycodon grandiflorum
キキョウ科キキョウ属


2015年8月11日 東忌部雄しべは雌しべに寄り添い、花粉を出す。
キキョウ花 キキョウ花 キキョウ花雄しべ
雄しべが花粉を出しきると雌しべが開く。花冠は長さ約4cm、直径5cm。
キキョウ花雌しべ キキョウ花 キキョウ花
枯れた花冠が残る果実。果実の先端は枯れた花冠の中にある。
キキョウ花 キキョウ果実 キキョウ果実
果実の縦断面、長さ約2cm。若い種子は長さ約2.3mm。
キキョウ果実 キキョウ種子 キキョウ種子
キキョウ キキョウ



2005年8月6日 佐草
キキョウ キキョウ キキョウ
キキョウ
2006年8月5日 鹿島2004年8月10日 佐草 葉が輪生
キキョウ キキョウ キキョウ
2004年11月13日 果実 佐草
キキョウ キキョウ キキョウ
2011年6月9日 佐草
キキョウ キキョウ キキョウ
キキョウ キキョウ キキョウ
2005年6月12日 佐草
キキョウ キキョウ
2005年6月19日 玉湯
キキョウ キキョウ キキョウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑