キクモ(菊藻)

多年草
本州〜沖縄の水田や浅い沼、池などの水中に生える。地下茎は泥の中をはう。水上葉は5〜8個輪生し、長さ1〜2cm、幅3〜7mmで羽状に深く裂ける。水中の葉は糸状に裂ける。水上葉の葉腋に紅紫色の小さな唇形花をつける。花冠は長さ0.6〜1cmの筒状で、上部は浅く裂けて唇形になる。上唇は幅が広く、先端が少しへこむ。下唇は深く3裂し、裂片の先はとがる。花冠の内側には白い毛が生えている。萼は5深裂し、軟毛がある。さく果は長さ約4mmの卵球形。しばしば水中葉の葉腋に閉鎖花がつく。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Limnophila sessiliflora
オオバコ科シソクサ属
同属のコキクモは萼や茎に毛が生えない点で区別できる。


2016年10月15日 萼に毛がある。 玉湯上唇(左)は少し凹み、下唇は3深裂する。
キクモ花 キクモ花 キクモ
茎に軟毛がある。
キクモ キクモ キクモ



2004年9月28日 萼や茎に毛がある。 東忌部果実
キクモ花 キクモ花 キクモ果実
キクモ
2005年10月9日 乃白
キクモ花 キクモ花
2005年9月17日 八雲
キクモ花 キクモ花 キクモ花
2005年9月18日 東忌部水中の葉は細く裂ける。
キクモ花 キクモ キクモ
2006年11月25日 裂開した果実 東忌部
キクモ果実 キクモ果実
2015年11月23日 果実 宍道果実は萼に包まれ、柱頭が残っている。
キクモ果実 キクモ果実 キクモ果実
果実を包む萼は長さ約5mm。萼を半分除くと、中に果実がある。
キクモ果実 キクモ果実 キクモ果実
果実は柱頭が残り、長さ約3mm。種子は長さ約0.8mm。種子の表面に細長い網目模様がある。
キクモ果実 キクモ種子 キクモ種子
キクモ キクモ
2013年10月15日 果実 玉湯果実は5裂した萼に包まれている。果実の側面、長さ約3.5mm。
キクモ果実 キクモ果実 キクモ果実
果実を上から。
キクモ果実 キクモ果実 キクモ種子
種子は長さ0.55〜0.6mm。表面に網目模様がある。
キクモ種子 キクモ種子 キクモ種子
2005年8月28日 東忌部
キクモ葉 キクモ葉


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑