キカシグサ

多年草
北海道西南部〜九州の水田や湿地に生える。高さ10〜15cm。茎は柔らかく、しばしば紅紫色を帯びる。基部は横にはって分枝し、節から根をだす。葉は対生し、長さ0.6〜1cm、幅0.3〜0.5cmの倒卵状楕円形で、先はまるく、ふちは透明な軟骨質。花は葉腋に1個ずつつき、淡紅色で直径約2mm。花の下に萼片とほぼ同じ長さの2個の小苞がある。萼は筒状鐘形で、先は4裂する。花弁は小さく、三角形の萼片と萼片の間につく。雄しべは4個。さく果は長さ約1.5mmの楕円形で萼に包まれる。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Rotala indica var. uliginosa
ミソハギ科キカシグサ属


2013年10月1日 八雲尖った萼片の間に小さな花弁がある。花は長さ約2mm、直径約2mm。
キカシグサ花 キカシグサ花 キカシグサ花
果実の下部は萼に包まれている。
キカシグサ花 キカシグサ果実 キカシグサ果実
萼を除いた果実、長さ約2mm。種子は長楕円形。
キカシグサ果実 キカシグサ果実 キカシグサ果実
種子は長さ約0.6mm。表面に縦の筋状の模様がある。葉は対生する。
キカシグサ果実 キカシグサ果実 キカシグサ
葉は長さ約8mm。葉の裏面。
キカシグサ葉 キカシグサ葉裏面 キカシグサ
キカシグサ



2013年9月16日 八雲花は直径約2.5mm、萼片の間に小さな花弁がある。 萼は筒状。
キカシグサ花 キカシグサ花 キカシグサ
葉は長さ約5mm。葉の裏面。
キカシグサ花 キカシグサ葉 キカシグサ葉裏面
キカシグサ キカシグサ
2010年10月16日 八雲
キカシグサ花 キカシグサ花 キカシグサ
2006年9月24日 宍道
キカシグサ花 キカシグサ花 キカシグサ
キカシグサ
2005年9月24日 玉湯果実は萼に包まれる。
キカシグサ キカシグサ キカシグサ
2014年11月16日 果実 八雲葉腋に1個ずつ果実がつく。
キカシグサ果実 キカシグサ果実 キカシグサ
果実の下半部は萼に包まれている。果実は長さ約2.5mm、花柱が残る。
キカシグサ果実 キカシグサ果実 キカシグサ果実
萼を除いた果実。種子は長さ0.6〜07mm。
キカシグサ果実 キカシグサ種子 キカシグサ種子
葉は長さ約5mm。葉の裏面。
キカシグサ葉 キカシグサ葉裏面 キカシグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑
他の画像を見る。