キジョラン(鬼女蘭)

つる性常緑多年草
関東地方〜沖縄の山地の木陰に生える。茎はかたく下部は木質。葉は3〜6cmの柄があり葉身は円形で先は急にとがり直径7〜14cm、上面は光沢がある。葉腋に散状の花序を作って開き淡黄色で直径約5mm。萼は花柄ととみに密に圧毛があり裂片は円頭。花冠は5裂し、輻状で喉部に毛がある。副花冠は5個直立、花粉塊は直立する。袋果は長さ13〜15cmで太く、種子は先に白い毛がある。花期は8〜9月。(原色日本植物図鑑)
学名は、Marsdenia tomentosa
キョウチクトウ科キジョラン属



2013年10月7日 島根花冠は5裂する。蕾の花序。

キジョラン花

キジョラン花

キジョラン蕾

花弁を一部取り除いた。

キジョラン蕾

キジョラン蕾

キジョラン葉

キジョラン




2014年2月24日 冬芽 新庄

キジョラン冬芽

キジョラン冬芽

キジョラン

キジョラン

2013年3月16日 東持田冬芽側芽と葉痕。

キジョラン

キジョラン冬芽

キジョラン冬芽葉痕

キジョラン茎

キジョラン

2013年2月14日 島根

キジョラン

キジョラン葉

キジョラン葉裏面

傷つけると白い乳液がでる。

キジョラン茎

キジョラン茎

キジョラン

2008年3月15日 冬芽 枕木山

キジョラン冬芽

キジョラン冬芽

キジョラン葉

キジョラン葉裏面

キジョラン茎

キジョラン

2009年8月29日 枕木山

キジョラン

2004年7月24日 法吉真山

キジョラン

キジョラン

キジョラン

2004年3月13日 法吉真山

キジョラン

キジョラン

2005年3月19日 枕木山

キジョラン

キジョラン



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑