キヅタ(木蔦)

常緑つる性木本
本州〜九州の照葉樹林の林縁や林内、原野などに生える。気根をだして、樹木や岩の上などにはい登る。大きいものは太さが直径6cm以上になる。樹皮は灰色で皮目がある。本年枝は緑色。はじめ黄褐色の微細な星形の鱗状毛があるが、のち無毛になる。葉は互生。葉身は長さ3〜7cm、幅2〜4cmの三角形または五角形状で、基部は切形またはハート形。花序のつく枝の葉は倒卵形または楕円形で、分裂しない。ふちは全縁。花のつかない枝の葉は浅く3〜5裂する。革質で、表面は光沢がある。若い葉にははじめ褐色の小さな星形の鱗状毛があるが、のちに無毛になる。枝先に直径2.5〜3cmの球形の散形花序を1個または数個だし、黄緑色の小さな花を多数つける。花は直径1cmほどで、花弁は5個、長さ約4mmの長卵形でそり返る。花盤は暗紅色。雄しべは5個。葯は黄色で裂開すると褐色になる。萼筒は鐘形、鱗状毛が生える。果実は液果。直径8〜10mmのほぼ球形、はじめ赤紫褐色で、翌年の5〜6月に紫黒色に熟す。先端には花柱が残る。直径約5mmの扁球形の種子が5個入っている。花期は10〜12月。別名 フユヅタ。
冬芽の頂芽は半球形またはやや扁平な三角形で、紅紫色を帯びる。側芽は小さくて丸みのある扁平な三角形。葉痕葉三日月形、維管束痕は5個。(樹に咲く花)
学名は、Hedera rhombea
ウコギ科キヅタ属
よく似たセイヨウキヅタは、若い葉柄や葉裏に長くて白い毛がある。


2013年10月17日 美保関
キヅタ花序 キヅタ花 キヅタ花
花は直径約9mm。
キヅタ花 キヅタ花 キヅタ花
蕾。萼や花柄に鱗状毛が密生する。
キヅタ蕾 キヅタ蕾 キヅタ葉
葉身は長さ約7cm。葉柄や葉の両面とも無毛。
キヅタ葉 キヅタ葉 キヅタ葉裏面
本年枝は緑色。樹皮は灰色。
キヅタ葉裏面 キヅタ枝 キヅタ樹皮
キヅタ キヅタ キヅタ



2005年10月30日 鹿島雄性期の花、雄しべが5本ある。雌性期の花、雄しべと花弁が落ちている。
キヅタ花 キヅタ花 キヅタ花
キヅタ蕾 キヅタ花序 キヅタ
キヅタ葉 キヅタ葉裏面 キヅタ
2004年10月16日 玉湯
キヅタ花 キヅタ花
2014年4月15日 果実 島根先端に黒く円形の花盤と花柱が残る。
キヅタ果実 キヅタ果実 キヅタ果実
果実は直径7〜8mm。果実の縦断面。果実の横断面、種子が2個のもの。
キヅタ果実 キヅタ果実 キヅタ果実
4個入っていた種子、長さ約6mm、球を分割した形。
キヅタ果実 キヅタ果序 キヅタ葉
2011年4月9日 若い果実 玉湯
キヅタ果実 キヅタ果序 キヅタ葉
キヅタ葉裏面 キヅタ キヅタ茎
キヅタ気根 キヅタ キヅタ
キヅタ
2014年1月23日 若い果実 西長江先端に黒く円形の花盤と花柱が残る。
キヅタ果実 キヅタ果序 キヅタ葉
直径約6mm。果実の横断面(上)、縦断面(下)。
キヅタ果実 キヅタ果実 キヅタ果実
果実の横断面、種子が5個ある。種子が4個あったもの、球を4等分した形。種子は長さ約3mm。
キヅタ果実 キヅタ種子 キヅタ種子
茎は気根を出して岩や樹木に付着する。
キヅタ果実 キヅタ キヅタ気根
気根。気根。
キヅタ気根 キヅタ気根 キヅタ
幼木の葉は3〜5裂する。葉は長さ約7cm。
キヅタ分裂葉 キヅタ分裂葉 キヅタ分裂葉裏面
キヅタ
2016年10月7日 葉 玉湯葉の表面は無毛。
キヅタ葉 キヅタ葉 キヅタ葉
葉の裏面は無毛。葉柄は無毛。
キヅタ葉裏面 キヅタ葉裏面 キヅタ葉柄
2004年1月12日 若い果実 城山公園
キヅタ果実 キヅタ果序
2012年4月17日 芽吹き 宍道
キヅタ芽吹き キヅタ芽吹き キヅタ
キヅタ キヅタ キヅタ
2011年3月5日 冬芽 東津田気根が出ている。
キヅタ冬芽 キヅタ冬芽 キヅタ気根
キヅタ
2006年2月25日 冬芽 八雲
キヅタ冬芽
2007年12月23日 東持田若枝の葉は3〜5浅裂する。
キヅタ キヅタ キヅタ
太いつるが木に這い登る。。
キヅタ キヅタ キヅタ
2003年12月23日 佐草
キヅタ キヅタ
2006年2月19日 虫えい(キヅタツボミフクレフシ) 風土記の丘
キヅタ キヅタ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑