キバナコスモス(黄花秋桜)

1年草
熱帯アメリカ原産。園芸種として栽培されたものが逸出している。茎は高さ40〜60cm、無毛または硬い毛を散生する。葉は対生、濃緑色、下部のものは長い柄があり、三角状卵形、2回羽状に深裂、両面とも無毛。中・上部のものは、無柄、1〜2回羽状に深裂。頭状花は橙色、直径5〜6cm、8個の舌状花と多数の筒状花よりなる。舌状花は無性、筒状花は両性で花床に鱗片がある。果実はそう果、長いくちばしの先に開出した2個の刺がある。花期は夏〜秋。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Cosmos sulphureus
キク科コスモス属


2009年9月5日 西忌部中央の筒状花が立ち上がる。
キバナコスモス花 キバナコスモス花 キバナコスモス花
キバナコスモス果実 キバナコスモス葉 キバナコスモス茎
キバナコスモス キバナコスモス




2015年10月29日 果実 八雲果実の先端に2本の冠毛がある。若い果実、冠毛は取れやすい。
キバナコスモス果実 キバナコスモス果実 キバナコスモス果実
開出した集合果は直径約5cm。果実は長さ16〜21mm、長い嘴がある。
キバナコスモス果実 キバナコスモス果実 キバナコスモス果実
鱗片と果実。嘴の先端に2本の冠毛がある。冠毛には下向きの刺がある。
キバナコスモス鱗片と果実 キバナコスモス冠毛 キバナコスモス冠毛
嘴には上向きの毛がある。果実には上向きの毛がある。果実の横断面、4稜があり、面に溝がある。
キバナコスモス果実 キバナコスモス果実 キバナコスモス果実
花は直径約4.5cm。
キバナコスモス花 キバナコスモス花 キバナコスモス花
舌状花には雌しべも雄しべもない。
キバナコスモス花 キバナコスモス花 キバナコスモス舌状花
筒状花は両性。筒状花と鱗片。筒状花は長さ約9.5mm。
キバナコスモス筒状花 キバナコスモス筒状花 キバナコスモス筒状花
子房の上端に2個の冠毛がある。筒状花の5裂した花冠と柱頭、葯筒。筒状花を開いてみた。
キバナコスモス冠毛 キバナコスモス筒状花 キバナコスモス筒状花
雄しべの花糸に毛がある。
キバナコスモス キバナコスモス キバナコスモス

>
島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑