キバナアキギリ(黄花秋桐)

多年草
本州〜九州の低い山地の木陰などに生える。高さ20〜40cm。葉は対生し、長さ5〜10cm、幅4〜7cmの三角状ほこ形。茎の先に花穂をだし、長さ2.5〜3.5cmの淡黄色の唇形花を数段つける。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Salvia nipponica
シソ科アキギリ属


2014年10月4日 東持田萼の下唇は浅く2裂する。
キバナアキギリ花 キバナアキギリ花 キバナアキギリ萼
花は長さ約3.5cm。上唇の中に雌しべや雄しべがある。雄しべの下部に仮雄しべが2個ついている。
キバナアキギリ花 キバナアキギリ花 キバナアキギリ雄しべ
2個の雄しべは先端が合着している。
キバナアキギリ雄しべ キバナアキギリ雄しべ キバナアキギリ雄しべ
完全雄しべの花粉を出す葯。萼は長さ約1.5cm。
キバナアキギリ雄しべ キバナアキギリ葯 キバナアキギリ萼
萼の中に4分果がある。若い分果は長さ約2.5mm。(変色している。)
キバナアキギリ果実 キバナアキギリ果実 キバナアキギリ果実
キバナアキギリ キバナアキギリ



2010年10月13日 西忌部完全な葯は上唇につく。下部の紫色の葯は退化した葯。
キバナアキギリ花 キバナアキギリ花 キバナアキギリ花
萼の下唇は浅く裂ける。
キバナアキギリ萼 キバナアキギリ花序 キバナアキギリ花序
キバナアキギリ
2003年10月12日 宍道
キバナアキギリ花 キバナアキギリ花 キバナアキギリ葉
キバナアキギリ
2007年9月22日 八雲
キバナアキギリ花 キバナアキギリ花序 キバナアキギリ葉
キバナアキギリ
2006年9月24日 宍道
葉は基部が張りだし鉾型になる。
キバナアキギリ花 キバナアキギリ花序 キバナアキギリ葉
キバナアキギリ葉裏面 キバナアキギリ茎 キバナアキギリ
2005年9月25日 宍道2004年10月3日 八雲
キバナアキギリ キバナアキギリ
2014年10月28日 果実 西忌部果実が熟す頃、萼は黒褐色になる。萼は長さ約1cm。
キバナアキギリ萼 キバナアキギリ萼 キバナアキギリ萼
3個の分果が入っていた。分果は長さ約2.5mm。表面に数本の線状の模様がある。
キバナアキギリ果実 キバナアキギリ果実 キバナアキギリ果実
キバナアキギリ果実 キバナアキギリ キバナアキギリ
2011年11月4日 果実 大海崎果柄の基部に苞葉がある。
キバナアキギリ萼 キバナアキギリ キバナアキギリ
萼内の基部に4分果がある。萼を半分取り除いた。
キバナアキギリ果実 キバナアキギリ果実 キバナアキギリ果実
キバナアキギリ果実 キバナアキギリ
2010年12月1日 果実 東生馬
キバナアキギリ果実 キバナアキギリ果実 キバナアキギリ萼

萼の下唇は小さく、浅く裂ける。
キバナアキギリ萼 キバナアキギリ萼 キバナアキギリ萼
キバナアキギリ キバナアキギリ キバナアキギリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑