ケヤマハンノキ(毛山榛の木)

落葉高木
北海道〜九州の丘陵の上部から山地に生える。川岸や渓流沿いに多い。高さ約10〜20m、直径15〜80cmになる。樹皮は紫褐色。なめらかで、灰色の横長の皮目が目立つ。若い枝には軟毛が密生する。葉は互生。葉身は長さ8〜15cm、幅4〜13cmの広卵形。先端は短くとがるかまたは鈍く、基部は円形〜浅いハート形〜切形。ふちには欠刻状の重鋸歯がある。側脈は6〜8対あり、表面で凹み、裏面に隆起する。表面は濃緑色で短毛がまばらに生え、裏面の脈上にはビロード状の軟毛が密生する。葉柄は長さ1.5〜3cmで、軟毛が密生する。雌雄同株。葉の展開前に開花する。雄花序は長さ7〜9cm、柄があり、枝先に2〜4個垂れ下がってつく。雌花序は雄花序の下方に下向きにつく。果実は堅果。果穂は長さ1.5〜2.5cmの楕円形。果鱗は長さ4〜5mmの扇形で黒褐色。堅果は扁平な長楕円形で、頂部には花柱が残り、両側に狭い翼がある。花期は4月。
冬芽は長卵形で先は丸く、柄がある。柄を含めて長さ1〜1.8cm。表面には毛が生える。葉痕は三角形。(樹に咲く花)
学名は、Ainus pendula
カバノキ科ハンノキ属
葉や枝、冬芽など、全体に毛のないものをヤマハンノキ(var. sibirica)というが、中間型もあり毛の様子は個体によって変異が多い。


2013年2月14日 島根雄花序の基部に雌花序がある。前年の果穂が残る。
ケヤマハンノキ花序 ケヤマハンノキ雌花序 ケヤマハンノキ花序
去年の果穂。落ちていた果穂。果鱗の間に果実がある。
ケヤマハンノキ果穂 ケヤマハンノキ果穂 ケヤマハンノキ果穂
果実。果実は長さ約3.5mm。
ケヤマハンノキ果穂 ケヤマハンノキ果実 ケヤマハンノキ果実
先端に花柱が残り、周りに翼がある。果実の横断面、中に種子がある。
ケヤマハンノキ果実 ケヤマハンノキ果実 ケヤマハンノキ果実
果鱗。落ちていた雄花序と雌花序。雄花序。
ケヤマハンノキ果鱗 ケヤマハンノキ花序 ケヤマハンノキ雄花序
雄花。雌花序。冬芽。
ケヤマハンノキ雄花序 ケヤマハンノキ雌花序 ケヤマハンノキ冬芽
ケヤマハンノキ花序 ケヤマハンノキ ケヤマハンノキ
ケヤマハンノキ樹皮 ケヤマハンノキ



2012年8月5日 島根鋸歯の先端。
ケヤマハンノキ葉 ケヤマハンノキ葉 ケヤマハンノキ葉
表面に短毛が散生し、葉柄に毛が密生する。表面の脈上の毛。裏面は緑白色。
ケヤマハンノキ葉 ケヤマハンノキ葉 ケヤマハンノキ葉裏面
裏面の脈上に軟毛が密生する。来春の花芽。
ケヤマハンノキ葉裏面 ケヤマハンノキ葉裏面 ケヤマハンノキ花芽
柄のある葉芽には毛がある。托葉
ケヤマハンノキ花芽 ケヤマハンノキ葉芽 ケヤマハンノキ托葉
若い枝には毛が密生する。
ケヤマハンノキ枝 ケヤマハンノキ枝 ケヤマハンノキ
幹には横長の皮目が多い。
ケヤマハンノキ樹皮 ケヤマハンノキ ケヤマハンノキ

2013年2月28日 宍道
ケヤマハンノキ雄花序 ケヤマハンノキ花序 ケヤマハンノキ雌花序
ケヤマハンノキ花序 ケヤマハンノキ ケヤマハンノキ
2013年1月12日 宍道
ケヤマハンノキ花序 ケヤマハンノキ花序 ケヤマハンノキ
ケヤマハンノキ樹皮 ケヤマハンノキ ケヤマハンノキ

2011年3月27日 植裁 かんべの里去年の果実冬芽
ケヤマハンノキ花序 ケヤマハンノキ果穂 ケヤマハンノキ冬芽
ケヤマハンノキ冬芽 ケヤマハンノキ ケヤマハンノキ
ケヤマハンノキ樹皮 ケヤマハンノキ
2011年4月13日 雌花 大庭かんべの里去年の果実
ケヤマハンノキ雌花序 ケヤマハンノキ雌花序 ケヤマハンノキ果穂
ケヤマハンノキ葉 ケヤマハンノキ ケヤマハンノキ葉裏面
ケヤマハンノキ葉裏面 ケヤマハンノキ枝 ケヤマハンノキ
ケヤマハンノキ樹皮 ケヤマハンノキ
2011年5月4日 若い果穂 かんべの里
ケヤマハンノキ果穂 ケヤマハンノキ果穂 ケヤマハンノキ果穂
ケヤマハンノキ葉 ケヤマハンノキ葉裏面 ケヤマハンノキ
2011年6月29日 来春の蕾 かんべの里
ケヤマハンノキ花芽 ケヤマハンノキ葉 ケヤマハンノキ葉
ケヤマハンノキ葉 ケヤマハンノキ葉裏面 ケヤマハンノキ
ケヤマハンノキ樹皮 ケヤマハンノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑