ケグワ(毛桑)

落葉高木
和歌山県、中国・四国地方〜九州の山地の川沿いに生える。高さ4〜15mになる。樹皮は灰褐色で縦に浅く裂ける。本年枝は初め軟毛が密生する。葉は互生。葉身は長さ6〜13cmの卵円形で、切れ込みのないものから3〜5裂するものまである。先端は短くとがり、基部は浅いハート形。縁には先がやや円い鋸歯がある。質は薄い。葉柄は長さ2〜3cm。葉の裏面脈上、葉柄などに軟毛が密生する。雌雄別株。本年枝の下部の葉のわきに花序がつく。雄花序は長さ約2cm、雌花序は長さ1〜3cm。雌花の花柱はごく短い。果実は集合果。長さ1〜2cmの楕円形で、6〜7月に黒紫色になって成熟し、食べられる。花期は5月。(樹に咲く花)
学名は、Morus cathayana
クワ科クワ属


2012年7月21日 島根鋸歯は円く、先端に微突起がある。
ケグワ ケグワ ケグワ
葉身は長さ約15cm、先は短く尖り基部は心形。
ケグワ ケグワ ケグワ
裏面葉脈に軟毛が密生する。葉柄に毛が多い。新枝には毛が多い。
ケグワ ケグワ ケグワ
ケグワ ケグワ ケグワ
ケグワ ケグワ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑