ケアリタソウ(毛有田草)

1年草
南アメリカ原産。大正時代からふえはじめ、市街地の道ばたや荒れ地などに多い。高さ0.6〜1mになり、全体に特有のにおいがする。葉は互生し、長さ3〜10cmの長楕円形で粗い鋸歯がある。裏面には淡黄色の腺点が多い。枝先に緑色の花穂を円錐状に多数つける。花穂には葉状の包があり、両性花と雌花が混じってつく。花期は7〜11月。(野に咲く花)
学名は、Dysphania ambrosioides
ヒユ科アリタソウ属
茎や葉に毛がほとんど無いものをアリタソウとし、茎や葉に毛が多いものをケアリタソウとする考えもあったが、毛の状態は連続的であり現在では分けないようだ。YListでは、ケアリタソウをアリタソウの別名としている。
類似のアメリカアリタソウは葉の切れ込みが深く、花穂は長く伸び包葉が小さく目につかない。


2011年10月26日 宍道白いのは雄しべの葯。
ケアリタソウ花 ケアリタソウ花 ケアリタソウ葉
葉裏は腺点が多い。
ケアリタソウ葉 ケアリタソウ葉 ケアリタソウ葉裏面
ケアリタソウ茎 ケアリタソウ



2009年9月5日 玉湯
ケアリタソウ花 ケアリタソウ花 ケアリタソウ葉
ケアリタソウ葉 ケアリタソウ葉裏面 ケアリタソウ葉裏面
ケアリタソウ茎 ケアリタソウ花序 ケアリタソウ
2004年11月6日 鹿島恵曇
ケアリタソウ花序 ケアリタソウ葉 ケアリタソウ花序
ケアリタソウ茎 ケアリタソウ
2004年11月6日 鹿島恵曇
ケアリタソウ果序 ケアリタソウ葉 ケアリタソウ茎
ケアリタソウ
2012年7月31日 横手林道不揃いな鋸歯がある。
ケアリタソウ葉 ケアリタソウ葉 ケアリタソウ葉
裏面脈上に毛があり、黄色い腺点が多い。茎の稜上に毛が多い。
ケアリタソウ葉裏面 ケアリタソウ葉裏面 ケアリタソウ茎
ケアリタソウ
2010年6月30日 玉湯
ケアリタソウ葉 ケアリタソウ葉 ケアリタソウ葉裏面
幼株
ケアリタソウ茎 ケアリタソウ芽生え


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑