カヤツリグサ(蚊帳吊草)

1年草
本州〜九州の路傍や田畑に普通に見られる。稈は高さ20〜50cm、細くて硬い。葉は稈より短く、幅2〜4mm。花序は散形で複生。花序枝を5〜10本出し、長いものは10cmに達す。苞葉の葉身は4〜6枚、うち3〜4枚は花序よりはなはだ長い。花穂や小穂の中軸には翼があり、小穂はまばらにつき、黄褐色、3〜4個が掌状に集まって花序をつくる。小穂は線形、長さ7〜10mm、やや開出し、黄褐色、15〜20個の花をつける。鱗片は広倒卵形、長さ1.4mm、鋭頭、先端は短い凸端となる。そう果は倒卵形、鱗片より少し短く、長さ1.3mm。花柱ははなはだ短く、柱頭は3個。花期は8〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Cyperus microiria
カヤツリグサ科カヤツリグサ属
チャガヤツリとよく似るが、カヤツリグサは花序が複生し、鱗片の先が短い凸端となり、小穂が黄色味を帯びることで区別できる。


2015年8月19日 東出雲花序枝が分枝していない個体。小穂は開出する。
カヤツリグサ花序 カヤツリグサ花序 カヤツリグサ小穂
苞葉は花序より長い。花序柄が分枝している。分枝した花序柄。
カヤツリグサ花序 カヤツリグサ花序 カヤツリグサ
小穂のつく軸に狭い翼がある。小穂は長さ約6mm。
カヤツリグサ カヤツリグサ小穂 カヤツリグサ小穂
鱗片の先は小さな芒となる。鱗片は長さ約1.6mm。
カヤツリグサ小穂 カヤツリグサ鱗片 カヤツリグサ鱗片
果実は長さ約1.3mm。果実は挟倒卵形。
カヤツリグサ鱗片 カヤツリグサ果実 カヤツリグサ果実
表面に小さな粒状の突起が密生する。茎は長さ約25cm。
カヤツリグサ果実 カヤツリグサ カヤツリグサ
カヤツリグサ



2012年9月11日  玉湯花序枝が分枝し、小穂は開出する。小穂は長さ約1cm。
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
鱗片の先端は突出する。果実は倒卵形、3稜があり、長さ約1.2mm。
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
カヤツリグサ
2012年7月31日  横手林道花序枝が分枝する。小穂が開出してつく。
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
小穂のつく軸に狭い翼がある。小穂は長さ約5mm、鱗片中肋は突出する。
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
カヤツリグサ カヤツリグサ
2012年7月24日  八雲花序枝が分枝する。小穂が開出してつく。
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
小穂は長さ約5mm、鱗片中肋は突出する。
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
カヤツリグサ
2005年8月30日 鹿島
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ

以下は不明
2010年9月29日  茎の高さ40cmくらい。 長海
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
カヤツリグサ
2009年9月12日 玉湯鱗片の中肋が突出する。
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
カヤツリグサ カヤツリグサ カヤツリグサ
カヤツリグサ
2003年10月26日 乃白2003年10月4日 乃白
カヤツリグサ カヤツリグサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑