カワラスガナ(河原菅菜)

1年草
北海道〜九州の田や湿地に普通に生える。植物体はまばらに叢生し、匐枝はない。基部の鞘は赤褐色で稈の基部は匍匐気味に斜上し、節から根を出す。稈は高さ10〜40cm。葉は幅1〜2.5mm。苞葉の葉身は3枚で葉状、花序より長い。花序は頭状に密集し、ときに花序枝がある。花穂は15〜30個の小穂をつける。小穂は長さ0.7〜1.5cm、扁平な長楕円形、花穂の中軸に開出してつき、赤褐色、10〜20個の花をつける。鱗片は広卵形、長さ約2.5mm、鈍頭、中肋は緑色。そう果は広倒卵形、長さ約1.3mm、横断面はレンズ形、熟すと暗褐色になり、稜が小穂の中軸に向く。花柱はそう果と同長または長い。柱頭は2個。花期は8〜9月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Cyperus sanguinolentus
カヤツリグサ科カヤツリグサ属


2015年9月19日 八雲花序は長さ約2cmの頭状になる。
カワラスガナ花序 カワラスガナ小穂 カワラスガナ花序
小穂は長さ約7mm。鱗片は鈍頭。
カワラスガナ小穂 カワラスガナ小穂 カワラスガナ鱗片
鱗片は長さ約2.5mm。柱頭は2岐する。
カワラスガナ鱗片 カワラスガナ柱頭 カワラスガナ果実
果実は長さ約1.5mm。果実の表面に微細な突起がある。苞は3個あり1個が非常に長い。
カワラスガナ果実 カワラスガナ果実 カワラスガナ苞
長い苞は長さ約20cmある。茎は長さ約50cm。
カワラスガナ苞 カワラスガナ カワラスガナ



2013年9月26日 東出雲非常に長い苞がある。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
苞が4個あり、1個は長さ約20cm。花序は直径約2.5cm、茎頂に1個だけつく。小穂は花穂の中軸に開出してつく。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
小穂は長さ約1cm。鱗片は長さ約2.5mm。
カワラスガナ小穂 カワラスガナ小花 カワラスガナ鱗片
果実は長さ約1.3mm、柱頭は2岐する。表面に微細な突起がある。
カワラスガナ果実 カワラスガナ果実 カワラスガナ果実
茎の高さは約50cm。
カワラスガナ カワラスガナ
2012年9月24日 八雲花序は茎頂に1個だけつく。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
苞は長短の3個がついている。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
小穂は長さ約1cm。果実を包んだ鱗片。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
果実は長さ約1mm、柱頭は2岐。
カワラスガナ カワラスガナ
2012年9月12日 八雲小穂は扁平な長楕円形。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
著しく長い苞がある。小穂は長さ約8mm。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
鱗片を一部はずし、果実が見える。鱗片に包まれた果実。鱗片は長さ約2.5mm。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
果実は広倒卵形、柱頭は2岐。果実は長さ約1.1mm。果実は長さ約1.2mm。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
果実の表面には微細な凹凸がある。茎の長さ約24cm。
カワラスガナ カワラスガナ カワラスガナ
カワラスガナ カワラスガナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑