カツラ(桂)

落葉高木
北海道〜九州の山地の谷沿いに生える。大木では高さ30m、直径2mに達するものがある。幹の周りにひこばえがでて、株立ちになることが多い。樹皮は暗灰褐色。縦に浅い割れ目が入り、老木では薄くはがれる。新枝は赤褐色〜褐色で無毛。まるい皮目が多い。葉は長枝では対生。短枝につく葉は1枚だが、短枝が対生するので、葉も対生しているように見える。葉身は長さ4〜8cm、幅3〜8cmの広卵形。先端はまるいか少し尖り、基部は浅いハート形または切形。ふちには波状の鈍い鋸歯があり、両面とも無毛。裏面は粉白色を帯びる。葉柄は2〜4cm。雌雄別株。葉が展開する前に開花する。花には花弁も萼もなく、基部は数個の膜質の苞で包まれる。雄花の葯は紅紫色で長さ約5mm、長い花糸でぶら下がる。雌花には雌しべが3〜5個あり、柱頭は紅紫色。果実は袋果。長さ1.5cmほどの円柱形で少し湾曲し、黒紫色に熟す。熟すと裂開し、小さな種子を風に飛ばす。種子は扁平で片側に翼が発達する。長さは翼を含めて5mmほど。花期は3〜5月頃。
冬芽は対生。長さ3〜5mmの長楕円状卵形で2個の芽鱗につつまれ、上部は少し内側に曲がる。仮頂芽と側芽はほぼ同形。葉痕はV字形〜三日月形で隆起する。維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Cercidiphyllum japonicum
カツラ科カツラ属


2004年6月27日 植栽 斐川
カツラ カツラ カツラ
カツラ
2003年11月8日 大東
カツラ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑