カラタチバナ(唐橘)

常緑小低木
茨城・新潟県以西〜沖縄の常緑樹林内に生える。高さは20〜70cmになる。あまり枝分かれしない。樹皮は茶褐色。若い時には褐色の粒状の微毛がある。葉は互生。葉身は長さ8〜20cm、幅1.5〜4cmの狭卵形〜披針形。先はとがり、ふちには不明瞭な波状の鋸歯がある。表面は鮮緑色で光沢がある。両面ともふつう無毛。葉腋に直径7〜8mmの白い花を散形状に10個ほどつける。花序の柄は長さ4〜7cmで斜上する。花冠は5深裂し、萼片はそり返る。外面には腺点がある。雄しべは5個、雌しべは1個。果実は核果。直径6〜7mmの球形で、11月頃赤く熟し、翌年の4月頃まで残る。核は直径5〜6mmの扁球形で鈍い5稜がある。花期は7月。(樹に咲く花)
学名は、Ardisia crispa
サクラソウ科ヤブコウジ属



2009年7月12日 玉湯

カラタチバナ花

カラタチバナ花

カラタチバナ花

カラタチバナ




2009年3月8日 果実 鹿島

カラタチバナ果実

カラタチバナ果実

カラタチバナ葉

葉の縁には腺点がならぶ。

カラタチバナ葉

カラタチバナ葉裏面

カラタチバナ葉裏面

カラタチバナ樹皮

カラタチバナ

2012年12月1日 果実 玉湯果実は直径約9mm。果実には核が1個入る。

カラタチバナ果実

カラタチバナ果実

カラタチバナ果実

核は直径約7mm。

カラタチバナ核

2015年10月20日 若い果実 大野

カラタチバナ果実

カラタチバナ果実

カラタチバナ果実

果実は直径約7mm。5個の萼片がそり返る。

カラタチバナ果実

カラタチバナ果実

カラタチバナ果実

核が1個入り、直径約6mm。

カラタチバナ核

カラタチバナ

カラタチバナ

2009年2月15日 玉湯冬芽

カラタチバナ葉

カラタチバナ冬芽

カラタチバナ葉

カラタチバナ樹皮

カラタチバナ

2010年8月28日 幼木 玉湯

カラタチバナ

カラタチバナ葉

カラタチバナ葉

カラタチバナ葉裏面

カラタチバナ

2011年2月19日 大海崎

カラタチバナ葉

カラタチバナ

2012年5月19日 東持田

カラタチバナ

カラタチバナ葉

カラタチバナ葉

カラタチバナ

2013年4月13日 玉湯冬芽

カラタチバナ葉

カラタチバナ冬芽

カラタチバナ冬芽

葉の裏面。

カラタチバナ葉

カラタチバナ葉裏面

カラタチバナ

2014年3月24日 秋鹿果実の落ちた果柄。葉の縁に腺点が並ぶ。

カラタチバナ葉

カラタチバナ果柄

カラタチバナ葉

腺点。葉の裏面。冬芽。

カラタチバナ葉腺点

カラタチバナ葉裏面

カラタチバナ冬芽

葉痕。

カラタチバナ葉痕

カラタチバナ茎

カラタチバナ



島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑