カラスビシャク(烏柄杓)

多年草
日本全土の畑の雑草としてふつうに生える。葉は1〜2個根生し、3小葉からなる。小葉は長さ5〜11cmの楕円形〜長楕円形で先はとがる。葉柄の途中と小葉の基部に珠芽(ムカゴ)をつけ、これで増える。花茎は高さ20〜40cmで葉より高く、緑色または帯紫色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をつける。仏炎苞は長さ5〜6cmで、舷部の内側には短毛が密生する。花序の付属体は長く糸状にのび、仏炎苞の外にでて直立する。果実は液果で緑色。花期は5〜8月。(野に咲く花)
学名は、Pinellia ternata
サトイモ科ハンゲ属


2015年8月16日 八雲
カラスビシャク花序 カラスビシャク花序 カラスビシャク葉
葉柄下部にできた珠芽(むかご)。珠芽(むかご)は長さ約8mm。
カラスビシャク珠芽 カラスビシャク珠芽 カラスビシャク珠芽
カラスビシャク カラスビシャク



2015年7月11日 広瀬仏炎苞をはずと、中に花序がある。
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
カラスビシャク カラスビシャク
2012年7月31日 鹿島
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
葉柄下部にある珠芽(ムカゴ)。
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
幼株には単葉のものもある。
カラスビシャク カラスビシャク
2007年8月12日 八雲
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
葉柄下部にムカゴをつける。
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
カラスビシャク
2015年8月23日 大野仏炎苞を広げると果実がだいぶ大きくなってきていた。
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
若い果実は長さ約1.3mm。種子が1個入る。未熟な種子は長さ約0.7〜0.8mm。
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
付属体まで含めて長さ約25cm。
カラスビシャク カラスビシャク

2005年8月6日 八雲
カラスビシャク カラスビシャク
2005年5月15日 上乃木
カラスビシャク カラスビシャク
2004年7月3日 安来市
カラスビシャク カラスビシャク カラスビシャク
2005年5月6日 上乃木
カラスビシャク カラスビシャク


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑