カラミザクラ(唐実桜)

落葉低木
中国原産で観賞用、または果実を食用に植えられる。 幹はよく分枝し、高さ2〜4mになる。樹幹から気根を出す。葉は互生し、倒卵形〜楕円形で、先は細く尖り、重鋸歯があり、ほぼ無毛。葉の展開前に開花し、花弁は5(〜7)枚で、淡紅色で、楕円形〜倒卵形で、先は凹頭。雄しべは多数あり、長さは花弁とほぼ同長で、葯は黄色。萼の筒部は毛が密生する。萼片は5個で、ほぼ無毛。花柄は毛が密生する。果実は核果で、赤く熟す。花期は3月。
学名は、Cerasus pseudocerasus
バラ科サクラ属


2009年3月20日 植裁 東忌部花柄には毛がある。
カラミザクラ カラミザクラ カラミザクラ
カラミザクラ カラミザクラ カラミザクラ
幹には気根が出る。
カラミザクラ カラミザクラ カラミザクラ



2010年4月25日 幼果 東忌部
カラミザクラ カラミザクラ
2009年4月19日 幼果 東忌部
カラミザクラ カラミザクラ
2008年6月15日 東忌部葉柄に毛がある。
カラミザクラ カラミザクラ カラミザクラ
カラミザクラ カラミザクラ カラミザクラ
カラミザクラ カラミザクラ カラミザクラ
虫えい ミザクラハベリフクロフシ
カラミザクラ カラミザクラ カラミザクラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑