カニクサ(蟹草)

夏緑シダ植物
関東地方以西から四国・九州に生える。つる性で長さは2〜3mほどになり、樹木や岩に絡みつく。地下にある根茎から1枚の葉を出しているので、茎に見えるものは葉軸。中軸から分岐した多数の羽軸(枝)に黄緑色〜緑色の羽片をつける。胞子を付ける胞子葉は小さく分裂し、通常の栄養葉は大きく、裂片は幅広く浅裂する。
学名は、Lygodium japonicum
フサシダ科カニクサ属


2008年8月2日 胞子葉 八雲
カニクサ カニクサ カニクサ
カニクサ



2008年9月7日 栄養葉 玉湯
カニクサ カニクサ カニクサ
カニクサ
2004年6月19日 栄養葉 玉湯
カニクサ カニクサ カニクサ
2008年9月7日 不確かであるが他に思いつかない。 玉湯
カニクサ カニクサ カニクサ
カニクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑