カナクギノキ(鉄釘の木)

落葉高木
神奈川県箱根以西〜九州の丘陵、山地に生える。高さ6〜15m、直径40cmほどになる。樹皮は淡褐色。幹が太くなると小さな皮目が目立ち、老木では不規則にはがれる。新枝は黄褐色や灰褐色。2年枝は淡褐色で皮目がある。葉は互生。長さ6〜15cm、幅は2〜4cmの倒披針形。上部は細長くのび、先端は鈍い。ふちは全縁。基部は葉柄に向かってしだいに細くなる。ふちは全縁。表面は緑色で無毛。裏面は粉白色を帯び、若い葉では裏面や脈上に淡褐色の長い毛がある。葉柄は赤みを帯び、長さ1〜2cm。雌雄別株。葉の展開と同時に開花する。黄緑色の小さな花が集まってつき、花柄には長い毛がある。花被片はふつう6個、雄花の花被片は長さ3mmほどの楕円形、雌花の花被片はやや小さく、ともに花のあと脱落する。雄花の雄しべはふつう9個、葯は2室。雌花には雌しべ1個と仮雄しべ9個がある。果実は液果。直径約6〜7mmの球形〜楕円形で、9〜10月に赤く熟す。果柄は長さ1.2〜1.5mm、先端はこん棒状に太くなる。種子は球形で、淡褐色の地に茶褐色のまだら模様がある。花期は4月。
葉芽は紡錘形で、芽鱗は赤褐色や紅紫色。花芽は丸く、柄の先に上向きにつく。葉痕は円形〜楕円形で小さく、維管束痕は弓状で1個。(樹に咲く花)
学名は、Lindera erythrocarpa
クスノキ科クロモジ属


2013年5月2日 雄花 枕木山
カナクギノキ花 カナクギノキ花 カナクギノキ花
カナクギノキ花序 カナクギノキ花序 カナクギノキ花序
カナクギノキ花序 カナクギノキ葉 カナクギノキ葉
カナクギノキ樹皮 カナクギノキ



2012年9月16日 果実 島根2つの花芽と葉芽。
カナクギノキ果実 カナクギノキ果実 カナクギノキ果実
カナクギノキ葉 カナクギノキ樹皮 カナクギノキ
2007年10月7日 果実 枕木山
カナクギノキ果実 カナクギノキ葉 カナクギノキ葉
葉脈は裏面につきでる。丸いのが花芽。細長いのが葉芽。
カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ冬芽 カナクギノキ枝
カナクギノキ カナクギノキ樹皮 カナクギノキ
カナクギノキ
2009年7月18日 幼果 大出日山
カナクギノキ果実 カナクギノキ果実 カナクギノキ葉
カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ カナクギノキ樹皮
2008年6月8日 幼果 枕木山
カナクギノキ果実 カナクギノキ果実 カナクギノキ葉
カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ
2015年10月6日 冬芽 島根葉身は長さ11〜14cm、
カナクギノキ冬芽 カナクギノキ葉 カナクギノキ葉
裏面脈上に毛がある。樹皮。
カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ樹皮
カナクギノキ
2008年3月15日 冬芽 枕木山
カナクギノキ冬芽 カナクギノキ冬芽 カナクギノキ冬芽
カナクギノキ葉痕 カナクギノキ樹皮 カナクギノキ樹皮
カナクギノキ
2009年3月1日 冬芽 八雲矢谷
カナクギノキ冬芽 カナクギノキ冬芽 カナクギノキ冬芽
カナクギノキ葉痕 カナクギノキ葉痕 カナクギノキ樹皮

折れた倒木ここから折れたのものか。
カナクギノキ樹皮 カナクギノキ カナクギノキ
2012年6月5日 枕木山
カナクギノキ葉 カナクギノキ葉 カナクギノキ葉
カナクギノキ葉 カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ葉裏面
カナクギノキ カナクギノキ樹皮 カナクギノキ
2009年5月23日 八雲
カナクギノキ葉 カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ葉
カナクギノキ葉裏面 カナクギノキ カナクギノキ樹皮


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑