カモガヤ(鴨茅)

多年草
ヨーロッパ及び西アジア原産の牧草であるが、北海道〜九州の路傍や休閑地などにも逸脱して生育し、群生する。根茎は短く、茎は叢生し全体平滑・無毛。高さ80〜100cm。根生葉は長さ40〜60cm、幅6〜12mm。葉は粉白色を帯びて柔らかく、中央脈は高く隆起し、内側に折れて山形になる。葉舌は膜質、白色、切形、長さ4〜6mm。花序は広い円錐形をして長さ10〜20cm。小穂は楕円形、扁平、長さ7〜10mm、毛と短い芒があり、3〜6小花からなる。果実は披針状紡錘形、腹面はひろくくぼみ乳褐色、無光沢、長さ3mm。花期は6〜7月。(日本イネ科植物図譜)
学名は、Dactylis glomerata
イネ科カモガヤ属


2012年4月2日 島根
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
カモガヤ カモガヤ カモガヤ



2010年5月30日 本庄
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
2009年5月31日 玉湯
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
2009年5月9日 玉湯
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
カモガヤ カモガヤ
2009年5月13日 葉鞘、葉は内側へ折れる。玉湯葉舌は1cm以上ある。
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
護穎に短毛と短い芒がある。
取り出した小花。
カモガヤ カモガヤ カモガヤ
2004年5月9日 玉湯
カモガヤ カモガヤ カモガヤ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑