カミツレ(加密列)

1〜越年草
ヨーロッパ北部から西アジアにかけての原産。明治年間の初期に薬用として渡来し、しばしば逸出、野生化している。全体ほぼ無毛でリンゴに似た芳香がある。茎はよく分岐して直立し、高さ60cmほどになる。葉は長楕円形で羽状に2〜3回深裂し、裂片は糸状、互生する。茎の頂に直径2cmほどの頭状花を多数つける。舌状花は白色、筒状花は黄色。花床に鱗片を欠くこと、舌状花に雌しべがあることでカミツレモドキと区別する。花期は春〜夏。(日本帰化植物写真図鑑)
学名は、Matricaria chamomilla
キク科コシカギク属
イヌカミツレは頭状花が直径4cm、果実に3稜がある。カミツレモドキは花床に鱗片があり、舌状花に雌しべがなく、果実にいぼがある。参考 写真で見る外来雑草


2014年5月4日 八雲
カミツレ花 カミツレ総苞 カミツレ葉
カミツレ カミツレ



2013年8月17日 八雲花は直径約1.1cm。
カミツレ花 カミツレ総苞 カミツレ花
舌状花に雌しべがある。舌状花(上)と筒状花(下)。
カミツレ花 カミツレ花 カミツレ花
舌状花の雌しべ(上)。花床は盛り上がり中空、鱗片はない。
カミツレ花 カミツレ花 カミツレ花
花床は円錐状に盛り上がる。果実。果実は長さ約0.7mm。
カミツレ花後 カミツレ果実 カミツレ果実
果実に5稜がある。冠毛はない。
カミツレ果実 カミツレ果実 カミツレ果実
葉は羽状に深裂する。
カミツレ果実 カミツレ花 カミツレ葉
葉は長さ約6cm。葉の裂片は線形。
カミツレ葉 カミツレ葉 カミツレ葉裏面
茎は無毛。高さは約40cm。
カミツレ茎 カミツレ カミツレ
2014年4月7日 八雲
カミツレ カミツレ葉 カミツレ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑