カキノキ(柿木)

落葉高木
中国原産といわれる。本州〜 九州で栽培される。高さ10mほどになる。樹皮は灰褐色。成木では縦に裂けてはがれる。枝は褐色で皮目が多い。葉は互生。葉身は長さ7〜15cmの広楕円形〜卵状楕円形。先端は急にとがり、ふちは全縁。表面の主脈と裏面全体に短毛が生える。雌雄同株。新枝の葉腋に淡黄色の花をつける。雄花は数個ずつつき、長さ5〜10mmの鐘形、花冠は4裂し、裂片はそり返る。雄しべは16個ある。雌花は1個ずつつき、長さ1.2〜1.5cmの広鐘形で、雌しべ1個と退化した雄しべが8個ある。子房は無毛。果実は液果。10〜11月に黄赤色に熟す。花期は5〜6月。
 冬芽は長さ3〜6mm、まるみのある三角形で扁平。鱗片は2〜3個見える。頂芽はなく、枝先に仮頂芽がつく。葉痕は楕円形で隆起する。(樹に咲く花)
学名は、Diospyros kaki
カキノキ科カキノキ属
山に生育し、葉に毛が多く、子房に毛があるものをヤマガキ(var. sylvestris Makino)というが、栽培品種からの実生や雑種もたくさん山に生育している。子房の毛以外に決定的な区別点がないようで、区分は難しいとされる。(植物雑学辞典)
果実が1〜2cmと小さいものにマメガキリュウキュウマメガキがある。


2011年6月9日 雄花 八雲雄花は萼が小さい。
カキノキ カキノキ カキノキ
中心に退化した雌しべがある。
カキノキ カキノキ
雌花は萼が大きい。両性花ではないだろうか。
カキノキ カキノキ カキノキ
子房が膨らむと花弁は抜け落ちる。
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ
他の木の雌花。
カキノキ カキノキ カキノキ
雌しべの柱頭は4裂し、先は更に裂ける。
カキノキ カキノキ カキノキ
子房は無毛。
カキノキ



2007年5月20日 雄花 佐草
カキノキ
2006年5月28日 雄花 佐草
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ
2016年11月17日 佐草果実の直径約4cm。
カキノキ果実 カキノキ果実 カキノキ果実
果実の縦断面、種子はゼリー状のものに包まれている。種子は長さ約1.5cm。
カキノキ果実 カキノキ果実 カキノキ種子
種子の表面に流線状の模様がある。
カキノキ種子 カキノキ種子 カキノキ
カキノキ
2007年10月13日 八雲果実の長さ約3cm。
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ
2007年11月4日 玉湯
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ カキノキ カキノキ
2005年11月12日 東忌部
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ
2009年1月4日 天宮山直径3cm程度
カキノキ カキノキ カキノキ
2007年9月27日 大平山
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ カキノキ カキノキ
2011年5月4日 若葉 八雲
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ
2006年1月15日 冬芽 東忌部
カキノキ カキノキ
2007年2月12日 冬芽 佐草
カキノキ カキノキ カキノキ
カキノキ カキノキ
2007年10月7日 西条柿 植栽 枕木
カキノキ カキノキ カキノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑