カゴノキ(鹿子の木)

常緑高木
関東地方・福井県以西〜九州の暖地のタブノキ林やシイ林、カシ林に混生する。高さ22mほどになる。円形の樹形をつくる。樹皮は灰黒色。樹皮がまるい薄片になってはがれ落ち、その跡が白い鹿の子模様になる。新枝は褐緑色、細くて無毛。葉は互生。枝の上部に集まってつく。葉身は長さ5〜9cm、幅1.5〜4cmの倒披針形または倒卵状長楕円形。先端は鈍く、基部広いくさび形、ふちは全縁。薄い革質で、表面には光沢がある。裏面は灰白色、はじめ長い毛があるが、のちに無毛。葉柄は長さ8〜15mm。雌雄別株。葉のわきに淡黄色の花が集まって咲く。花序は無柄で、総苞片が4個ある。雄花序の総苞片は長さ3.5〜4mmの楕円形。雌花序の総苞片は少し小さく、花の数も雄花序より少ない。花被は有毛で、上部は6裂する。雄花の雄しべは9個、花被から長くつきでる。葯は4室。雌花には雌しべ1個と葯が退化した仮雄しべが9個ある。果実は液果、直径約7mmほどの倒卵状球形で、翌年の秋に赤く熟す。種子は球形〜卵状球形、淡褐色で上半部に黒褐色のまだら模様がある。花期は8〜9月。
冬芽の葉芽は細長い披針形。花芽は球形で葉の脇に3〜4個ずつつく。(樹に咲く花)
学名は、Litsea coreana
クスノキ科ハマビワ属


2013年9月10日 雌花 美保関変色した花柱と数個の花被が見える。直径約5mmの苞に包まれた花序。
カゴノキ雌花 カゴノキ雌花 カゴノキ雌花
カゴノキ カゴノキ



2012年6月14日 若い果実 美保関秋に赤く熟す。
カゴノキ果実 カゴノキ果実 カゴノキ果実
カゴノキ果実 カゴノキ カゴノキ
葉身は長さ約11cm、表面は光沢がある。裏面は灰白色。
カゴノキ葉 カゴノキ葉 カゴノキ葉裏面
カゴノキ葉裏面 カゴノキ カゴノキ
 若い枝には白い皮目が目立つ。幹の樹皮はまだらに剥がれる。
カゴノキ樹皮 カゴノキ樹皮 カゴノキ
2013年7月20日 雄花の蕾 美保関
カゴノキ蕾 カゴノキ カゴノキ
カゴノキ樹皮
2014年8月2日 蕾 美保関
カゴノキ蕾 カゴノキ カゴノキ
カゴノキ
2012年9月12日 雄花の蕾 玉湯
カゴノキ カゴノキ
2012年9月6日 雌花の蕾 美保関
カゴノキ蕾 カゴノキ蕾 カゴノキ果実
果実は直径約1cm。果皮を除くと種子が1個ある。種子。
カゴノキ果実 カゴノキ果実 カゴノキ種子
2012年8月22日 雄花の蕾 玉湯
カゴノキ蕾 カゴノキ蕾 カゴノキ
2012年10月2日 雌花の花後 美保関
カゴノキ雌花 カゴノキ雌花 カゴノキ
2011年9月14日 枯れた雄花 玉湯
カゴノキ雄花 カゴノキ雄花 カゴノキ雄花
落ちた雄花雄花の裏側
カゴノキオ雄花 カゴノキ雄花 カゴノキ
カゴノキ樹皮 カゴノキ
2011年2月23日 冬芽 玉湯 神社
カゴノキ冬芽 カゴノキ冬芽 カゴノキ葉
若い枝には皮目が多い。
カゴノキ葉裏面 カゴノキ樹皮 カゴノキ葉
カゴノキ樹皮 カゴノキ樹皮 カゴノキ
2011年3月5日 冬芽 若木 城山公園
カゴノキ冬芽 カゴノキ冬芽 カゴノキ
葉身は長さ約14cm。裏面は灰白色。
カゴノキ葉 カゴノキ葉 カゴノキ葉裏面
カゴノキ葉裏面 カゴノキ枝 カゴノキ
若木の樹皮。
カゴノキ樹皮 カゴノキ
2007年10月28日 鹿島朝日山裏面は灰白色
カゴノキ葉 カゴノキ葉裏面 カゴノキ葉裏面
カゴノキ葉 カゴノキ カゴノキ枝
若い枝は皮目が多い。若木の樹皮。葉は枝先に集まってつく。
カゴノキ枝 カゴノキ樹皮 カゴノキ
虫えい(カゴノキハイボフシ)
カゴノキ カゴノキ カゴノキ
2010年11月20日 玉湯
カゴノキ葉 カゴノキ葉裏面 カゴノキ葉裏面
カゴノキ樹皮 カゴノキ
2004年1月12日 城山公園
カゴノキ カゴノキ カゴノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑