ジンチョウゲ(沈丁花)

常緑小低木
中国原産。室町時代に渡来し、観賞用に植えられている。高さ1m以下。葉は互生。葉身は長さ4〜9cmの長楕円形または倒披針形。縁は全縁。表面は濃緑色で光沢があり、両面とも無毛。枝先に強い芳香のある花を頭状に多数つける。花は形態的には両性だが、結実する株と結実しない株があるために、雌雄別株ともいわれる。萼筒は長さ約8mm、先は4裂し、外面は紅紫色で無毛、内面は白色。果実は液質の核果。球形で、赤色に熟す。有毒。日本ではほとんど結実しないが、まれに結実する株がある。花期は3〜4月。
冬芽の頂芽の多くは花芽で、総苞に包まれる。側芽は非常に小さい。葉痕は半円形で、維管束痕は1個。(樹に咲く花)
学名は、Daphne odora
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属


2014年3月23日 植栽 玉湯
ジンチョウゲ花 ジンチョウゲ花 ジンチョウゲ花
図鑑では萼などは無毛とあるが、萼筒や萼裂片に透明な伏毛が見られる。
ジンチョウゲ ジンチョウゲ ジンチョウゲ
萼筒の伏毛。
ジンチョウゲ ジンチョウゲ ジンチョウゲ
ジンチョウゲ
ジンチョウゲ花 ジンチョウゲ花 ジンチョウゲ花
蕾の萼の先端部、筒部とも無毛。
ジンチョウゲ蕾 ジンチョウゲ蕾 ジンチョウゲ蕾
蕾の先端部の拡大。蕾の筒部の拡大。
ジンチョウゲ蕾 ジンチョウゲ蕾 ジンチョウゲ蕾
花柄には毛がある。
ジンチョウゲ蕾 ジンチョウゲ蕾 ジンチョウゲ葉
ジンチョウゲ葉 ジンチョウゲ葉裏面 ジンチョウゲ枝
ジンチョウゲ幹 ジンチョウゲ ジンチョウゲ



2004年3月20日 植栽 浜乃木
ジンチョウゲ ジンチョウゲ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑