ジャコウソウ(麝香草)

多年草
北海道〜九州の山地の谷間の湿り気のあるところに生える。高さ0.6〜1m。葉は長さ5〜12mmの短い柄があり、長楕円形で長さ10〜20cm、粗い鋸歯があり、茎とともに細かい毛がある。上部の葉腋に長さ5〜12mmの短い柄をだし、1〜3個の紅紫色の唇形花をつける。花冠は長さ3.5〜4.5cm。筒部が長く、上唇は短く、下唇は3裂する。花期は8〜9月。(山に咲く花)
学名は、Chelonopsis moschata
シソ科ジャコウソウ属


2007年9月22日 八雲葉の基部は耳形になる。
ジャコウソウ花 ジャコウソウ葉 ジャコウソウ葉裏面
ジャコウソウ茎 ジャコウソウ



2005年9月10日 八雲
ジャコウソウ花 ジャコウソウ花 ジャコウソウ花
ジャコウソウ花
2005年9月17日 八雲
ジャコウソウ花 ジャコウソウ花
2005年8月20日 蕾 八雲
ジャコウソウ蕾 ジャコウソウ
2005年7月17日 八雲
ジャコウソウ葉 ジャコウソウ
2004年10月3日 花後 八雲花後に萼は膨らむ。
ジャコウソウ ジャコウソウ萼 ジャコウソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑