イワヒメワラビ(岩姫蕨)

夏緑性シダ植物
本州〜九州の低山の開墾地や伐採地など日当りのよい荒地に生える。根茎は長く這う。葉柄はわら色で下部では暗褐色となり、全面に毛が生える。葉身は三角状長楕円形の3回羽状複葉で表裏面とも毛が生える。ソーラスは小型の円形で小羽片の辺縁近くにつき、包膜はない。
学名は、Hypolepis punctata
コバノイシカグマ科イワヒメワラビ属


2008年6月15日 東忌部最下部の羽片
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ
全面に毛が多い。ソーラスは円形で辺縁につく。
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ
ソーラスに包膜はない。新芽葉柄基部は紫色を帯びる。
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ
小さい株の様子。
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ



2008年6月15日 東忌部
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ
イワヒメワラビ
2008年4月27日 東忌部
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ
イワヒメワラビ イワヒメワラビ イワヒメワラビ
イワヒメワラビ イワヒメワラビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑