イワガラミ(岩絡み)

つる性落葉木本
北海道〜九州の山地の林縁や林間のギャップ、岩場など、やや明るい場所にふつうに生える。幹や枝から気根を出して他物をはい登り、長さ7〜10mに達する。前年枝の樹皮は縦に裂けてはがれ落ち、灰色になる。若枝は淡褐色〜赤褐色。気根は主に2年目以降の枝から出る。葉は対生。葉身は長さ5〜15cm、幅5〜10cmの広卵形で、先はとがり、基部は円形〜浅いハート形。ふちには先の尖った粗い鋸歯がある。葉の先にいくほど鋸歯は大きくなる。岩上の株や林内をはい枝のものは葉の長さが2cmに達しないものもある。表面は脈上に毛がある。裏面は白色を帯び、主脈と葉腋に長い毛が密生する。葉柄は長さ3〜10cm、白色〜褐色の毛が散生する。枝先に直径10〜20cmの散房花序をだす。装飾花は白色で、萼片が1個つく。萼片は長さ1.5〜3.5cm、幅1〜2cmの卵形〜広卵形で、脈が目立つ。両性花の花筒は長さ約1.5mmの倒円錐形で、短毛が密生する。花弁は白色で5個、先端はくっついたまま開かず、帽子を脱ぐように脱落する。雄しべは10個。花柱は1個、柱頭は頭状で4〜5裂する。果実はさく果。長さ5〜7mmの倒円錐形で、10個の稜があり、先端に花柱が残る。9〜10月に熟す。熟すと稜間で裂開する。種子は線形で長さ3〜3.5mm。両端はとがる。花期は6〜7月。
 冬芽の頂芽は長さ3〜4mmの卵形〜円筒形で、褐色の芽鱗にゆるく包まれる。芽鱗には灰白色〜淡褐色の毛が密生する。側芽は頂芽より小さい。葉痕は逆三角形、維管束痕は3個。(樹に咲く花)
学名は、Schizophragma hydrangeoides
アジサイ科イワガラミ属
 似たものにツルアジサイがあり、装飾花は3〜4個の萼片をつけ、葉は細かな鋸歯が多数ある。


2011年6月15日 大平山装飾花は1個で卵形。雄しべは10本。
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
花弁は上部先端で癒着している。雄しべが帽子状の花弁を持ち上げている。
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
帽子状の花弁がもうすぐ落ちる。柱頭は4〜5裂する。
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
鋸歯は粗く刺状になる。
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
イワガラミ イワガラミ イワガラミ



2005年6月12日 佐草卵形で1枚の装飾花をつける。
イワガラミ イワガラミ
2005年6月4日 上来待
イワガラミ イワガラミ
2003年6月22日 忌部高原
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
イワガラミ
2005年5月21日 蕾 西忌部鋸歯の先は刺のようになる。
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
2011年5月14日 蕾 宍道
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
幹の樹皮。
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
2009年3月20日 芽吹き 西忌部葉痕
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
2012年4月17日 芽吹き 宍道
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
去年の果実果実の稜間が裂けて種子が出る。
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
果実に入った種子。種子幹から付着根が無数に出ている。
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
イワガラミ イワガラミ
2015年4月2日 果実 西忌部
イワガラミ果実 イワガラミ果実 イワガラミ果実
果序に1枚の装飾花が残っている。果実は長さ約8mm、稜間が裂けて種子が出る。種子は長さ約4mm。
イワガラミ果実 イワガラミ果実 イワガラミ種子
種子の中央部。種子の両端はとがっている。
イワガラミ種子 イワガラミ種子 イワガラミ
2006年1月29日 冬芽 東忌部
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
2010年3月20日 幼木の冬芽 玉湯
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
イワガラミ イワガラミ イワガラミ
2006年6月11日 幼木 宍道
イワガラミ イワガラミ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。