イトモ(糸藻)

多年草
北海道〜沖縄の湖沼やため池、水路などに生育する小形の沈水植物。貧弱な地下茎が横走し1節おきに水中茎が伸びる。水中茎の断面は楕円形。葉は無柄、線形で鋭頭、全縁、長さ2〜6cm、幅0.7〜1.5mm、1〜3脈。托葉は両縁が重なり合って、筒状にはならない。花茎の長さ1〜2.5cm、花穂の長さは3〜5mm、花は2段に分かれずかたまってつく。4心皮、しばしば水中で自家受粉して結実する。果実は長さ2〜2.5mm、濃い緑色または褐色。秋になると枝の先端が長さ1.5〜2.5cmの殖芽となり、水底に沈んで越冬する。ホソバミズヒキモやツツイトモの殖芽と比べて大きく、また軸の部分がやや肥大するので、殖芽の形態が類似種との有力な識別の特徴になる。花期は6〜8月。(日本の水草)
学名は、Potamogeton pusillus
ヒルムシロ科ヒルムシロ属


2014年5月22日 玉湯花茎は長さ約1cm。
イトモ イトモ花 イトモ花
イトモ花 イトモ イトモ
浮葉はない。
イトモ イトモ



2014年5月17日 花穂は長さ約4mm。玉湯雌しべが4個ある。花弁状のものは葯隔付属物。
イトモ イトモ イトモ
雌しべの基部に雄しべがある。苞に包まれた蕾。
イトモ イトモ イトモ
2012年8月22日 果実 玉湯
イトモ イトモ イトモ
果実は長さ約2.7mm。殖芽は約2cm。
イトモ イトモ イトモ
葉の幅は約1mm。
イトモ イトモ イトモ
イトモ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑