イチビ(伊知比)

1年草
インド原産。繊維をとるため古く中国を経て渡来した。人家近くの荒れ地などに野生化している。高さ1〜1.5mになり、全体に白い軟毛がある。葉は互生し、長さ7〜10cmの心円形で長い柄がある。花は上部の葉腋につき、黄色で直径約2cm。雄しべの下部は合着してまるく袋状になり、その基部は花弁と合着している。子房は雄しべが合着した部分に包まれている。果実は10〜15個の分果からなる。花期は7〜9月。(野に咲く花)
学名は、Abutilon theophrasti
アオイ科イチビ属


2012年8月22日 玉湯若い果実、14個の分果がある。
イチビ花 イチビ果実 イチビ
イチビ葉 イチビ イチビ



2011年8月16日 東出雲若い果実
イチビ花 イチビ果実 イチビ
イチビ葉 イチビ葉 イチビ
イチビ
2010年9月1日 大庭4弁の花もある。
イチビ花 イチビ花 イチビ花
果実は14個の分果からなる。若い果実
イチビ蕾 イチビ果実 イチビ果実
果実には軟毛や腺毛が密生する。茎には短腺毛がある。
イチビ果実 イチビ果実 イチビ茎
イチビ葉 イチビ葉裏面 イチビ
イチビ イチビ
2013年9月26日 果実 東出雲14個の分果がある。分果の先が裂けて種子が出る。
イチビ果実 イチビ果実 イチビ果実
果実は突起を含んで直径約3.5cm。13個の分果がある。分果は突起を除き長さ約1.5cm。
イチビ果実 イチビ果実 イチビ果実
種子は長さ約3.5mm。表面に刺状の毛がある。
イチビ種子 イチビ種子 イチビ種子
イチビ種子 イチビ
2014年11月11日 果実 下佐陀果実は直径約3cm、12個の分果がある。
イチビ果実 イチビ果実 イチビ果実
分果は突起を含めて長さ約2cm。1個の分果に4個の種子があった。
イチビ果実 イチビ果実 イチビ種子
種子は長さ約3.5mm。種子の側面、厚さ約2mm。種子の表面に毛がある。
イチビ種子 イチビ種子 イチビ種子
イチビ イチビ イチビ
2010年9月11日 果実 大庭分果は長さ1.2cm程度。
イチビ果実 イチビ果実 イチビ果実
種子は3〜5個入っている。種子は3mm程度。
イチビ果実 イチビ種子 イチビ
イチビ

高さ15cmくらいの小さなもので、蕾の状態しか確認できていない。黄色の5弁花。蕾を開いて見ると、発育の悪いイチビのようだ。
2011年12月14日 玉湯
イチビ イチビ イチビ
2011年12月7日 玉湯
イチビ イチビ イチビ
イチビ イチビ イチビ
イチビ
2011年11月26日 玉湯
イチビ イチビ イチビ
イチビ イチビ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑