イタビカズラ(崖石榴)

常緑つる性木本
福島・新潟県以西〜沖縄の林縁に生える。樹皮は黒褐色。本年枝は褐色で伏毛がある。枝や葉を折ると白い乳液がでる。葉は互。長さ6〜13cm、幅2〜4cmの長楕円状披針形。先端は尾状に長くとがり、基部は円形。全縁。質は厚くて両面とも無毛。側脈は5〜8対、主脈から50〜60度の角度で分岐する。葉脈は裏面に浮き出る。葉柄は暗褐色で長さ1〜2.5cm、短毛が密生する。雌雄別株。葉腋または葉痕の腋に花嚢が1〜2個ずつつく。花嚢は長さ5〜7mmの長卵形で、表面には灰白色の毛が密生する。雄と雌の花嚢は同形。果嚢は直径1cmほどの球形。9〜11月に黒紫色に熟す。花期は6〜7月。(樹に咲く花)
学名は、Ficus nipponica
クワ科イチジク属


2009年7月5日 八雲
イタビカズラ イタビカズラ
2005年7月17日 八雲
イタビカズラ イタビカズラ イタビカズラ
イタビカズラ イタビカズラ



2006年9月2日 八雲
イタビカズラ イタビカズラ イタビカズラ
イタビカズラ
2005年7月23日 東持田
イタビカズラ イタビカズラ
2010年1月20日 冬芽 乃白
イタビカズラ イタビカズラ イタビカズラ
イタビカズラ イタビカズラ
2006年2月25日 冬芽 八雲
イタビカズラ
2011年3月5日 果実 山代冬芽
イタビカズラ イタビカズラ イタビカズラ
イタビカズラ イタビカズラ イタビカズラ
イタビカズラ イタビカズラ
2014年1月23日 冬芽 西長江
イタビカズラ冬芽 イタビカズラ冬芽 イタビカズラ葉
茎から気根を出して付着する。気根を伸ばしている。葉は長さ約12cm。
イタビカズラ気根 イタビカズラ気根 イタビカズラ葉
葉の表面は無毛。裏面は葉脈が盛り上がって目立つ。葉の裏面も無毛。
イタビカズラ葉 イタビカズラ葉裏面 イタビカズラ葉裏面
葉の裏面の拡大。気孔室が多数ある。
イタビカズラ葉裏面 イタビカズラ葉裏面 イタビカズラ葉裏面
気孔室に小さな突起が並んでいる。
イタビカズラ葉裏面 イタビカズラ葉裏面 イタビカズラ葉裏面
樹木に這い上がっている。
イタビカズラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑