イシミカワ(石実皮)

つる性1年草
日本全土の道ばたや田のあぜ、河原などに生える。茎は長さ1〜2mにのび、下向きの鋭い刺で他の草や木にからみつく。葉は互生し、長さ2〜4cmの三角形で、葉柄は葉身の基部近くに楯状につく。托葉鞘は鞘状の部分は短く、上部は葉状に広がって円形になる。茎の先や葉腋に短い総状花序をだし、淡緑色の小さな花が10〜20個かたまってつく。花序の基部には丸い葉状の苞があってよく目立つ。花被は長さ3〜4mmで5中裂する。花のあと花被は多肉質になってそう果を包み、直径約3mmの球形になる。花被の色は緑白色から紅紫色、青藍色へと変化する。そう果は黒色で光沢がある。花期は7〜10月。(野に咲く花)
学名は、Persicaria perfoliata
タデ科イヌタデ属
イシミカワに似た仲間


2005年9月3日 西忌部花序は葉状の苞の上につく。葉柄は葉身の内側に楯状につく。
イシミカワ イシミカワ イシミカワ
葉柄の基部には葉状の托葉がつく。托葉鞘は短い。茎や葉柄には下向きの刺がある。
イシミカワ イシミカワ イシミカワ
イシミカワ



2011年11月9日 果実 佐草若い果実
イシミカワ イシミカワ イシミカワ
果実(直径約3mm)と果実を包む花被。葉は三角形。
イシミカワ イシミカワ イシミカワ
葉柄に刺がある。葉柄は葉身の基部につく。茎に下向きの刺がある。
イシミカワ イシミカワ イシミカワ
円形の托葉がある。
イシミカワ イシミカワ イシミカワ
2005年10月1日 果実を包む花被は藍色になる。 田和山
イシミカワ イシミカワ
2003年9月23日 乃白
イシミカワ イシミカワ イシミカワ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑