イラクサ(刺草)

多年草
本州〜九州の山地の木陰などに生える。高さ0.4 〜1m。茎は四角形で茎や葉に蟻酸を含む棘が多く、刺さると痛い。葉は対生し、長さ5〜12cmの広卵形で、欠刻状鋸歯がある。雌雄同株。茎頂部に雌花穂がつく。花被片は4個で、花後に2個が大きくなる。花柱は1個。雄花序はやや下部につき、淡緑色で、花弁はなく萼片は4個、雄しべは4個。花期は9〜10月。(山に咲く花)
学名は、Urtica thunbergiana
イラクサ科イラクサ属
よく似たミヤマイラクサムカゴイラクサは葉が互生する。


2012年9月16日 雌花穂 島根上部に雌花穂、下部に雄花穂がつく。雄花穂。
イラクサ イラクサ イラクサ
雄花穂の基部にも雌花序がついている。雌花序。
イラクサ イラクサ イラクサ
雄花序。雄花。花被片4個、雄しべ4個
イラクサ イラクサ イラクサ
葉の基部は心形。葉は長さ約8cm。表面には刺毛がある。
イラクサ イラクサ イラクサ
刺毛の拡大。
イラクサ イラクサ イラクサ
裏面に刺毛や短毛がある。葉柄の刺毛。茎に刺毛がある。
イラクサ イラクサ イラクサ
葉柄基部に2個の托葉がある。托葉はそれぞれ2枚が合着している。
イラクサ イラクサ イラクサ
イラクサ イラクサ イラクサ



2005年9月17日 八雲矢谷茎や葉に刺がある。葉柄のつけ根に托葉がある。
イラクサ イラクサ イラクサ
葉柄にも刺がある。
イラクサ イラクサ イラクサ
2010年5月1日 八雲矢谷
イラクサ イラクサ イラクサ
イラクサ イラクサ
2007年2月25日 八雲矢谷枯れ残った茎から芽をだしたもの。
イラクサ イラクサ イラクサ
合着した托葉葉痕が見える。
イラクサ イラクサ
2008年3月8日 八雲矢谷
イラクサ イラクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑