イヌタデ(犬蓼)

1年草
日本全土の道ばたや畑、荒れ地などにごくふつうに生える。高さ20〜50cm。茎はふつう赤みを帯び、下部は地をはう。葉は互生し、広披針形〜披針形で先はとがる。托葉鞘は長さ7〜8mmの筒形で、ふちに長い毛がある。花序は長さ1〜5cmで、紅色の小さな花を多数つける。まれに白色の花もある。花被は長さ1.5〜2mmで5深裂し、花のあとも残ってそう果を包む。そう果は3稜形で光沢のある黒色。花期は6〜10月。(野に咲く花)
学名は、Persicaria longiseta
タデ科イヌタデ属
似た仲間


2005年9月17日 大庭薄い黒斑がある。托葉鞘の縁に長毛がある。
イヌタデ花序 イヌタデ葉 イヌタデ托葉鞘
2005年9月17日 八雲
イヌタデ花 イヌタデ花序 イヌタデ葉
イヌタデ托葉鞘 イヌタデ



2004年9月26日 乃白黒斑ははっきりしない。
イヌタデ花序 イヌタデ イヌタデ葉
2003年9月7日 乃白
イヌタデ花序
2012年11月3日 果実 大東花穂は長さ約5cm。
イヌタデ果序 イヌタデ果序 イヌタデ果序
花被に包まれた果実。長さ約3mm。果実は黒色、3稜があり、長さ約2mm。
イヌタデ果実 イヌタデ果実 イヌタデ果実
葉は長さ約7cm。主脈と縁に毛がある。
イヌタデ葉 イヌタデ葉 イヌタデ葉
裏面の主脈上に毛がある。托葉鞘の縁に長い毛がある。
イヌタデ葉裏面 イヌタデ葉裏面 イヌタデ托葉鞘
イヌタデ果序 イヌタデ果序
2013年11月16日 果実 西川津花被から果実がのぞいている。
イヌタデ果序 イヌタデ果実 イヌタデ果序
果穂は長さ約2cm。花被に包まれた果実は長さ約3mm。
イヌタデ果序 イヌタデ果実 イヌタデ果実
花被を除くと果実がある。果実は3稜形、長さ約2.5mm。
イヌタデ果実 イヌタデ果実 イヌタデ果実
イヌタデ果実 イヌタデ果序 イヌタデ果序
イヌタデ イヌタデ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑