イヌシダ(犬羊歯)

夏緑(常緑)シダ植物
北海道〜九州の低山の日当りのよい崖などに生える。秋に出た栄養葉は越冬する。葉柄は淡黄緑色で長い毛が生える。葉身は披針形の1回羽状複葉、表裏ともに淡褐色の柔らかい毛が生える。葉身はやや2形で、ソーラスをつける葉は長く立ち上がり、つけない葉は短く地表近くに生える。ソーラスは葉縁につき、包膜はコップ状。
学名は、Dennstaedtia hirsute
コバノイシカグマ科コバノイシカグマ属


2008年9月14日 胞子のついた葉 玉湯
イヌシダ イヌシダ イヌシダ
ソーラスはコップ状
イヌシダ イヌシダ イヌシダ
胞子のつかない栄養葉胞子のつく葉は立ち上がっている。
イヌシダ イヌシダ



2009年2月15日 玉湯
イヌシダ イヌシダ イヌシダ
イヌシダ イヌシダ イヌシダ
イヌシダ
2009年3月20日 大東
イヌシダ イヌシダ イヌシダ
イヌシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑