イヌコリヤナギ(犬行李柳)

落葉低木
北海道〜九州の乾燥した場所にも生えるが、川沿いに多い。もっとも普通に見られるヤナギ。高さは普通1.5mほど、まれに6mほどになる。株立ちになる。樹皮は暗灰色でなめらか。裸材に隆起条はない。新枝は黄褐色で細く、密集してまっすぐに伸びる。葉は主に対生だが、互生もまじる。葉は長さ4〜10cm、幅1.3〜2cmの長楕円形。ふちには浅い鋸歯がある。新葉のふちは巻かない。両面とも無毛。葉柄はほとんどない。雌雄別株。葉の展開前に開花する。花序は細い円柱形でほとんど無柄。雄花序は長さ2〜3cm。雄しべは2個。花糸は合着して1個、基部には腺体が1個ある。葯は紫紅色。雌花序は長さ1.5〜2.5cm。子房は卵形で淡緑色。花柱は短く、柱頭は黄緑色〜紅色。腺体は1個。苞は倒卵形で、両面に長い白色の毛がある。雄花の苞の上部は黒色。中部は淡紅色、下部は淡緑色。雌花の苞の上部は黒褐色、中部は紅色、下部は淡緑色。果実はさく果。5月に成熟して裂開する。花期は3月。
 冬芽の花芽は卵形で長さ5〜8mmと小形。(樹に咲く花)
学名は、Salix integra
ヤナギ科ヤナギ属


2008年3月29日 佐草
イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ
イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ



2008年7月13日 佐草葉は両面とも無毛。
イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ


葉柄はほとんどない。
イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ
イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ
2009年8月15日 東忌部
イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ
イヌコリヤナギ
2010年3月13日 冬芽 佐草冬芽はやや対生につく。
イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ
イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ イヌコリヤナギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑