イヌケホシダ(犬毛穂羊歯)

常緑性シダ植物
南方系のシダであるが、近年分布域を広げているとされる。葉身は広披針形、中央部の幅が広く、長さは約50cm。葉柄はわら色で毛が生え、下部で暗褐色、基部に三角状披針形、淡褐色〜褐色の鱗片がつく。葉身は広披針形の2回羽状中裂、光沢のない黄緑色〜緑色、薄い紙質で、あまりはっきりしない頂羽片があり、下部羽片は短くなる。側羽片先端は急に狭まり、両面ともやや密に毛が生える。ソーラスは円形で中肋と辺縁の中間につき、包膜は円腎形で密に毛が生える。
学名は、Thelypteris dentata
ヒメシダ科ヒメシダ属


2012年12月1日 玉湯頂羽片がはっきりしない。下部の葉は短い。
イヌケホシダ イヌケホシダ イヌケホシダ
中軸や羽片に毛がある。
イヌケホシダ イヌケホシダ イヌケホシダ
胞子が完熟し、毛の生えた包膜がめくれている。
イヌケホシダ イヌケホシダ
若い黄緑色の葉。中軸や羽片に毛が密生する。
イヌケホシダ イヌケホシダ イヌケホシダ
羽片の表面に毛が密生する。羽片の裏面。
イヌケホシダ イヌケホシダ イヌケホシダ
中軸や羽片裏面に毛が密生する。ソーラスは中肋と辺縁の中間につく。
イヌケホシダ イヌケホシダ イヌケホシダ
包膜は円腎形で長毛が密生する。ソーラスは直径約0.5mm。
イヌケホシダ イヌケホシダ イヌケホシダ
葉柄基部には褐色の披針形の鱗片がつく。株元、フィドルヘッド。
イヌケホシダ イヌケホシダ イヌケホシダ
植木鉢に生えてきた。
イヌケホシダ
胞子嚢 直径約0.2mm。胞子は長さ約0.05mm。
イヌケホシダ イヌケホシダ イヌケホシダ
イヌケホシダ




島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑