イヌホオズキ(犬酸漿)

1年草
日本全土の畑や道ばたに生える。高さ30〜60cm。葉は互生し、長さ3〜10cmの広卵形で、縁にはふつう波形の鋸歯がある。茎の途中から枝を出し、直径6〜7mmの白い花を4〜8個やや総状につける。萼は杯状で浅く5裂する。花冠は深く5裂して反り返る。液果は直径0.7〜1cmの球形で黒色に熟し、光沢はない。種子は長さ約2mm。花期は8〜10月。(野に咲く花)
学名は、Solanum nigrum
ナス科ナス属
イヌホオズキの仲間はよく似ており区別が難しい。


2005年8月30日 鹿島花(果)柄は総状(交互)につく。果実はつやがない。
イヌホオズキ イヌホオズキ イヌホオズキ
イヌホオズキ イヌホオズキ



2005年11月5日 島根花(果)柄は総状(交互)につく。
イヌホオズキ イヌホオズキ イヌホオズキ
イヌホオズキ イヌホオズキ イヌホオズキ
2006年10月28日 佐草
イヌホオズキ イヌホオズキ イヌホオズキ
イヌホオズキ イヌホオズキ イヌホオズキ
イヌホオズキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。