イヌホタルイ(犬蛍藺)

1年草
北海道〜九州の山地や平地の湿地や休耕田に見られる。匍匐根茎はない。稈は太く、横断面は不明瞭な5〜6稜があり、表面は光沢はなく、高さ20〜70cm、幅1.5〜3mm。花序は側生し、小穂が2〜9個集り、頭状。苞葉の葉身は1枚、稈に続き、正面に浅い溝があり、長さ5〜10cm。小穂は挟卵形、長さ9〜18mm、幅3.5〜5mm。鱗片は広卵形、長さ2.5〜3mm、中肋は緑色でその両側は褐色を帯び、微突端。そう果は広倒卵形、長さ1.5〜2mm、幅約2mm、横断面はレンズ形。刺針状花被片は5〜6本あり、そう果と同長または短く、下向きにざらつく。柱頭は2個まれに3個。花期は7〜10月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Schoenoplectus juncoides
カヤツリグサ科フトイ属
よく似たホタルイは小穂が卵形で先があまりとがらない。柱頭が3個ある。刺針状花被片が果実よりやや長い。


2014年8月23日 西川津茎の先端に小穂がつく。茎の上部に苞が長く伸びる。
イヌホタルイ花序 イヌホタルイ花序 イヌホタルイ苞
小穂は長さ約1cm。
イヌホタルイ小穂 イヌホタルイ小穂 イヌホタルイ小穂
鱗片は長さ約3.5mm。柱頭が2岐、3岐するものが混じる。3岐(上)するものと、2岐(下)するもの。
イヌホタルイ鱗片 イヌホタルイ花柱 イヌホタルイ柱頭
3岐する柱頭は1本が短い。果実は長さ約2mm。裏側。刺針状花被片は6本あった。
イヌホタルイ柱頭 イヌホタルイ果実 イヌホタルイ果実
3本の幅の広いものは雄しべ花糸。刺針状花被片は果実とほぼ同長または短い。刺針状花被片には下向きの刺がある。
イヌホタルイ刺針状花被片 イヌホタルイ刺針状花被片 イヌホタルイ刺針状花被片
茎は長さ約40cm、苞は約13cm。
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ
2012年9月12日 八雲花序の上に茎から続く苞がある。
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ
小穂は長さ約1.2mm。鱗片に包まれた果実。柱頭が3岐するものがある。
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ
果実は長さ約2mm。刺針状花被片は果実より短い。幅広のものは花糸。
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ
茎は高さ約46cm。茎の先に苞が長く(約10cm)直立する。
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ



2012年9月24日 八雲刺針状花被片が果実より短い。柱頭は2岐するものが多い。
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ
柱頭が3岐するものもある。
イヌホタルイ

2005年9月18日 東忌部
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ
イヌホタルイ
2003年9月28日 乃木福富
イヌホタルイ イヌホタルイ
2007年8月16日 玉湯茎や苞に稜がある。
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ


5個の稜がある。
イヌホタルイ イヌホタルイ イヌホタルイ
2005年9月24日 玉湯
イヌホタルイ イヌホタルイ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑