イヌブナ(犬椈)

落葉高木
岩手・石川県以西の本州〜九州のブナより少し標高の低いところに生え、太平洋側のやや乾燥した山地に多い。中部地方以北の日本海側の多雪地帯にはほとんど分布しない。高さ25m、直径70cmほどになる。萌芽力が旺盛で主幹が枯れてもひこばえが成長することによって、個体としての生命を維持する。樹皮はブナの樹皮より黒っぽく、いぼ状の皮目が多い。枝は暗紫色で長楕円形の皮目が多数ある。本年枝ははじめ淡褐色の軟毛が密生する。葉は互生。葉身は長さ5〜10cm、幅3〜6cmの長楕円形で、やや薄い洋紙質。先端は鋭くとがり、基部は広いくさび形。ふちには波状の鈍い鋸歯がある。側脈は10〜14対あり、葉の裏面に突出する。若葉は両面とも長い軟毛がある。表面はやがて無毛になるが、裏面脈上の毛は黄葉のころまで残る。葉柄は長さ4〜9mm。托葉は長さ2〜2.5cmの倒披針形。褐色で軟毛があり、開葉後まもなく落ちる。雌雄同株。葉の展開と同時に開花する。雄花序は新枝の下部の葉腋から垂れ下がり、6〜15個の雄花が頭状に集まってつく。雄花序の柄は長さ2.5〜4.5cmで、長い軟毛がある。雄花の花被は長さ5mmほどの円錐形で、淡褐色の長毛が密生し、上部は6裂する。雄しべは12個あり、葯は花被の外に出る。雌花序は新枝の上部の葉腋に上向きにつく。雌花は直径5mmほどの総苞の中に2個入っている。総苞は4裂し、外側には短毛が密生する。花柱は3個。果実は堅果。10月に成熟する。堅果は長さ1〜1.2cmの3稜形で、長さ2.5〜5cmの長い柄の先に垂れ下がってつく。堅果の基部には長さ約5mmの小さな殻斗がある。殻斗の外側には卵状三角形のやわらかい刺がある。花期は4〜5月。
冬芽は長さ1〜2.7cmの披針形で、先は鋭くとがる。芽鱗は16〜22個。本年枝と2年枝の境にはっきりした輪状の芽鱗痕がある。(樹に咲く花)
学名は、Fagus japonica
ブナ科ブナ属
よく似たブナは葉の葉脈が7〜11対、果実は上を向いてつき、殻斗が大きい。


2012年6月5日 枕木山側脈が14本くらいある。表面は少し毛が残っている。
イヌブナ葉 イヌブナ葉 イヌブナ葉
側脈が裏面に突出する。裏面は毛があり、主脈沿いに長毛がある。
イヌブナ葉裏面 イヌブナ葉裏面 イヌブナ
いぼ状の皮目が多い。
イヌブナ樹皮 イヌブナ



2013年4月18日 若葉 枕木山側脈が16本と多く、長毛がある。
イヌブナ若葉 イヌブナ若葉裏面 イヌブナ
イヌブナ
2012年4月10日 冬芽 枕木山冬芽は細長い。
イヌブナ冬芽 イヌブナ冬芽 イヌブナ枝
枯葉
イヌブナ枯葉 イヌブナ枯葉 イヌブナ
いぼ状の皮目が多い。
イヌブナ イヌブナ樹皮 イヌブナ樹皮
株立ちになっている。
イヌブナ

2015年10月6日 冬芽 島根葉は長さ約12cm。
イヌブナ冬芽 イヌブナ葉 イヌブナ葉
葉脈が13個ある。裏面に脈上に長毛がある。虫えい(イヌブナハボタンフシ)。
イヌブナ葉裏面 イヌブナ葉裏面 イヌブナ虫えい
虫えいは直径約6.5mm。虫えいの縦断面。
イヌブナ虫えい イヌブナ虫えい イヌブナ虫えい
いぼ状の皮目が多い。
イヌブナ イヌブナ樹皮 イヌブナ
イヌブナ

2015年6月4日 幼木 島根葉は長さ約8cm、側脈12本ある。
イヌブナ若葉 イヌブナ若葉 イヌブナ若葉
裏面に長毛が残る。
イヌブナ若葉 イヌブナ若葉 イヌブナ若葉
イヌブナ イヌブナ イヌブナ
2013年4月18日 幼木の若葉 島根側脈は10本。
イヌブナ若葉 イヌブナ若葉 イヌブナ若葉
イヌブナ若葉裏面 イヌブナ若葉裏面 イヌブナ枝
イヌブナ枝 イヌブナ若葉 イヌブナ樹皮
イヌブナ イヌブナ

2015年7月29日 幼木 島根冬芽。葉は長さ約8.5cm、側脈12本。
イヌブナ若葉 イヌブナ冬芽 イヌブナ葉
葉裏面には長毛が残っている。
イヌブナ葉裏面 イヌブナ葉裏面 イヌブナ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑