イノモトソウ(井の許草)

常緑シダ植物
人家近くから山地の林縁で見られる。根茎は短く這う。葉身は単羽状葉で頂羽片があり、光沢のない緑色の薄い紙質。葉には栄養葉と胞子葉の2形がある。栄養葉は長さ4〜15cmで、縁は鋸歯がある。胞子葉は長いものは長さ60cmになる。栄養葉、胞子葉とも上部の羽片の基部が中軸に流れ顕著な翼となる。胞子葉の葉柄は長く立ち上がり、栄養葉より葉幅が細く、鋸歯がない。ソーラスは羽片の辺縁に沿って長くつく。
学名は、Pteris multifida
イノモトソウ科イノモトソウ属


2009年8月15日 栄養葉 東忌部中軸には翼がある。栄養葉には鋸歯がある。
イノモトソウ イノモトソウ イノモトソウ
胞子葉は羽片が細い。
イノモトソウ イノモトソウ イノモトソウ
イノモトソウ



2008年9月14日 栄養葉 浜乃木中軸には翼がある。栄養葉には鋸歯がある。
イノモトソウ イノモトソウ イノモトソウ
栄養葉の裏面胞子葉の羽片は幅が狭い。胞子葉の裏面
イノモトソウ イノモトソウ イノモトソウ
ソーラスは辺縁につく。
イノモトソウ イノモトソウ
2009年1月19日 上段と同じ鉢に生えたもので、中軸の上部2段には翼があるが3段目には翼がない。
イノモトソウ イノモトソウ
2008年4月27日 胞子葉 東忌部中軸には翼がある。ソーラスは羽片の片縁に沿ってつく。
イノモトソウ イノモトソウ イノモトソウ
イノモトソウ
2008年3月22日 栄養葉 浜乃木縁には鋸歯がある。葉の表面。
イノモトソウ イノモトソウ イノモトソウ
葉の裏面。羽片の基部は中軸に流れ翼となる。最下羽片の下側に小羽片がでる。
イノモトソウ イノモトソウ イノモトソウ
イノモトソウ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑