イイギリ(飯桐)

落葉高木
本州〜沖縄の山地のやや湿気のあるところに生える。高さ10〜15m、直径40〜50cmになる。樹皮は灰白色。滑らかで褐色の皮目がある。本年枝は太くて無毛。枝は車軸状にでる。葉は互生。葉身は長さ10〜20cm、幅8〜20cmの卵心形。先は鋭くとがり、基部は浅いハート形または切形。ふちには粗い鋸歯がある。表面は光沢があり、裏面は粉白色で脈腋に白毛がある。葉柄は長さ10〜20cm、先端にはふつう蜜腺が2個ある。葉は乾くと黒くなる。雌雄別株、ときに雌雄雑居性。枝先に長さ20〜30cmの円錐花序が垂れ下がり、芳香のある花が多数つく。花には花弁はない。萼片は5〜6個、卵形で淡緑色。両面に帯黄色の毛が密生する。雄花は雌花より大きく直径約1.5cm、雄しべは多数ある。雌花は直径約8mm、子房は球形で、花柱は3〜6個。雄しべは退化して小さい。果実は液果。直径8〜10mmの球形。10〜11月に赤色に熟し、翌年まで枝に残ることが多い。種子は長さ2mmほどの卵状楕円形で紫褐色。花期は4〜5月。
冬芽の頂芽は赤褐色で、長さ5〜9mmの半球形。芽鱗は7〜10個。表面は樹脂のために光沢があり、やや粘る。側芽は発達しにくい。葉痕は大きくて丸く、維管束痕は多数。(樹に咲く花)
学名は、Idesia polycarpa
ヤナギ科イイギリ属


2006年5月21日 八雲
イイギリ イイギリ
2006年2月25日 果実 八雲
イイギリ イイギリ イイギリ
イイギリ イイギリ イイギリ
イイギリ イイギリ イイギリ



2014年4月7日 落果後 八雲葉痕が丸い。枝が1箇所から放射状に出る。
イイギリ イイギリ イイギリ
枝が1箇所から放射状に出る。樹皮に皮目が多い。
イイギリ イイギリ樹皮 イイギリ樹皮
イイギリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑