イガガヤツリ〈毬蚊帳吊〉

多年草
関東地方以西〜九州の海岸付近の日当たりの良い平地に多く見られる。植物体は叢生し、匐枝はない。稈は硬く、高さ10〜40cm、直立し、横断面は3稜形。葉は幅2〜3mm、稈より短い。基部の鞘は淡褐色。花序は普通頭状、小穂を密集する。苞葉の葉身は葉状、4〜6枚つき、花序より長い。小穂は密に多数つき、やや直立して扁平、長さ1〜2cm、披針形、鋭頭、一部は赤褐色を帯び、15〜40個花をつける。鱗片は狭卵形、長さ約2mm、鋭頭。そう果は倒卵形、長さ約1mm、上端はやや切形、熟すと黒褐色となり、稜が小穂の中軸に向く。花柱はそう果とほぼ同長。柱頭は2個。花期は7〜9月。(岡山県カヤツリグサ科植物図譜)
学名は、Cyperus polystachyos
カヤツリグサ科カヤツリグサ属


2013年9月10日 西川津
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
小穂は長さ約1cm。鱗片から2岐した柱頭がのぞく。鱗片は長さ約2mm。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
鱗片の中の花、花柱と子房、葯がある。未熟な果実、2岐した柱頭がある。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ



2012年9月27日  西川津花序は茎頂に1個だけつく。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
小穂は長さ約1cm。鱗片に包まれた果実。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
鱗片は長さ約2mm、果実を包んでいる。果実は長さ約1mm、柱頭は2岐。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
果実は長倒卵形。果実の表面に微細な粒状突起がある。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
茎は高さ12cm。
イガガヤツリ イガガヤツリ
2012年8月26日 八雲
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
茎頂に小穂が密生する。小穂は長さ約9mm。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
鱗片の先は鋭頭。鱗片は長さ約2mm。果実は長さ約1mm。柱頭は2岐。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
花茎は高さ約26cm。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
2009年9月19日 八雲小穂は長さ約1.2cm。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
鱗片の先は鋭頭。柱頭は2岐。
イガガヤツリ イガガヤツリ イガガヤツリ
イガガヤツリ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑