イブキシモツケ(伊吹下野)

落葉低木
近畿以西〜九州の日当たりのいい岩礫地などに生え、高さ1〜1.5m。若い枝は黄褐色。短毛が密生。葉は互生し、長さ3〜5cmの卵形〜菱形状長楕円形。基部は広いくさび形〜円形。基部を除いて単鋸歯、重鋸歯があり、上部はしばしば3裂。若葉の表面は軟毛、成葉はほぼ無毛。裏面は白色、黄褐色の軟毛。葉脈が網目状に隆起。葉柄には軟毛。散房花序に白い花を多数つける。花柄に縮れた軟毛。花期は4〜6月。
冬芽は楕円形で開出する。葉痕は丸い。
学名は、Spiraea dasyantha
バラ科シモツケ属


コデマリに変更しました。


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑