イボタノキ(水蝋の木)

落葉低木
北海道〜九州の山野の林縁にふつうに見られる。よく分枝して、高さ2〜4mになる。暖地では冬も葉が落ちないことがある。樹皮は灰白色〜灰褐色。丸い皮目がある。若枝には細毛がある。短枝が発達する。幹には所々に枯れた枝が刺状に残る。葉は対生。葉身は長さ2〜7cm、幅7〜20mmの長楕円形で全縁。先はとがらず、まるみを帯び、基部はくさび形。質は薄く、光沢はない。表面は無毛。裏面は主脈上に毛があるものから無毛のものまである。葉柄は長さ1〜2mm。新枝の先に長さ2〜4cmの総状花序をだし、白い小さい花をつける。花冠は長さ7〜9mmの筒状漏斗形で、先は4裂する。裂片は短く長さ約3mm。雄しべは2個、葯は花筒から少しつきでる。雌しべは短い。萼は低い4歯があり、短毛が生える。果実は長さ6〜7mm、直径5〜6mmの広楕円状球形で10〜12月に紫黒色に熟す。種子は長さ約6mm。花期は5〜6月。
冬芽は卵形で先はややとがり、長さ2〜3mm。芽鱗は3〜4対あり、淡褐色〜褐色。頂芽が発達しないことが多い。葉痕は半円形で隆起する。髄は細い。(樹に咲く花)
学名は、Ligustrum obtusifolium
モクセイ科イボタノキ属


2011年6月1日 玉湯葯は少しだけ花筒から出る。花序の基部では枝を分ける。
イボタノキ花 イボタノキ花 イボタノキ花序
葉身は3〜6cm。
イボタノキ花序 イボタノキ花序 イボタノキ葉
裏面主脈上に毛がある。若い枝には細毛がある。幹に刺がある。
イボタノキ葉裏面 イボタノキ枝 イボタノキ樹皮
イボタノキ



2006年6月3日 平成
イボタノキ花 イボタノキ花序 イボタノキ葉
イボタノキ樹皮
2005年5月21日 玉湯葉先が尖るものがある。
イボタノキ花 イボタノキ花序 イボタノキ葉
2012年12月29日 果実 東忌部
イボタノキ果実 イボタノキ果実 イボタノキ果序
果実は長さ約1cm。果実は長さ約9mm。果実の横断面、種子が2個のもの。
イボタノキ果実 イボタノキ果実 イボタノキ果実
果実の横断面、種子が1個のもの。種子は長さ約7mm。冬芽。
イボタノキ果実 イボタノキ種子 イボタノキ冬芽
イボタノキ葉 イボタノキ樹皮 イボタノキ樹皮
2012年12月3日 果実 八雲
イボタノキ果実 イボタノキ果実 イボタノキ果実
果実は長さ約9mm。果実の横断面、種子が1個入っている。
イボタノキ果実 イボタノキ果実 イボタノキ果実
果実の縦断面。種子は長さ約8mm。
イボタノキ果実 イボタノキ種子 イボタノキ葉
イボタノキ樹皮 イボタノキ
2005年11月5日 果実 島根大芦
イボタノキ果実 イボタノキ葉裏面
2010年11月6日 果実 荘成
イボタノキ果実 イボタノキ果実 イボタノキ果序
2010年8月13日 果実 宍道
イボタノキ果実 イボタノキ果序 イボタノキ葉裏面
イボタノキ果序 イボタノキ
2007年5月3日 葉の尖ったもの。 佐草
イボタノキ葉 イボタノキ葉裏面 イボタノキ
イボタノキ樹皮
2008年5月4日 蕾 玉湯
イボタノキ蕾 イボタノキ葉
2010年3月20日 冬芽 玉湯
イボタノキ冬芽 イボタノキ冬芽 イボタノキ枝
イボタノキ樹皮 イボタノキ
2008年3月2日 冬芽 玉湯
イボタノキ冬芽葉痕 イボタノキ葉 イボタノキ葉裏面
イボタノキ葉 イボタノキ樹皮 イボタノキ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑


他の画像を見る。