イボクサ(疣草)

1年草
北海道〜沖縄の湖沼やため池、河川、水路、水田などに生育する湿性〜抽水植物。沈水状態で生育することもある。茎の下部は這って分枝しながら伸長し、枝が斜上して高さ20〜30cmになる。茎は赤みがかる。葉は互生で基部は長さ0.5〜1.2cmの葉鞘となり茎を抱く。葉身は挟披針形で長さ2〜7cm、幅4〜10mmで質は軟らかい。沈水状態では葉は明るい緑白色で質薄く、長さ約9cmになる。葉腋に1(〜2)個ずつ花弁の先端部がピンク色に色づく花が咲く。花弁は3枚、雄しべ3個、他に3個の仮雄しべ。雌しべは1個、子房は3室からなる。果実は柄の先に垂れ下がるようにつき、楕円形で長さ6〜10mm、成熟すると先が3裂して種子が落ちる。花期は8〜10月。(日本の水草)
学名は、Murdannia keisak
ツユクサ科イボクサ属


2015年9月29日 東忌部雄しべ3個と仮雄しべ3個がある。花糸の基部に白毛がある。
イボクサ花 イボクサ花 イボクサ花
花は直径約1cm。
イボクサ花 イボクサ花 イボクサ花
果実は垂れ下がってつく。
イボクサ果実 イボクサ果実 イボクサ



2013年10月1日 八雲花糸の基部に白毛がある。
イボクサ花 イボクサ花 イボクサ花
花糸が短い3個は仮雄しべ。
イボクサ花 イボクサ花 イボクサ花
花は直径約8mm。萼片が3個ある。
イボクサ花 イボクサ花 イボクサ花
果柄は垂れ、果実は下向きにつく。果実の先端に花柱が残る
イボクサ果実 イボクサ果実 イボクサ果実
果実は萼に包まれ、長さ約6.5mm。萼の内側に枯れた花弁が残っている。果実の縦断面。
イボクサ果実 イボクサ果実 イボクサ果実
果実の横断面、3室ある。未熟な種子、長さ1.5〜2.5mm。形、大きさが異なる。
イボクサ果実 イボクサ種子 イボクサ種子
葉は長さ約3.5cm。葉の裏面。
イボクサ葉 イボクサ葉 イボクサ葉裏面
葉の基部は鞘状に茎を抱き、縁に毛がある。茎の片側に毛がある。
イボクサ茎 イボクサ茎 イボクサ
イボクサ
2010年9月18日 八雲花糸の下部に白い毛がある。 
イボクサ イボクサ イボクサ

果実。 
イボクサ イボクサ イボクサ
イボクサ イボクサ
2006年10月1日 花糸の下部に白い毛がある。 乃白若い果実葉の基部は鞘状になり茎を抱く。
イボクサ イボクサ イボクサ
イボクサ イボクサ
2015年10月17日 果実 八雲熟すと先端が3裂して種子が出る。裂開して平開した果実。
イボクサ果実 イボクサ果実 イボクサ果実
イボクサ果実 イボクサ果実 イボクサ果実
裂開前の果実。萼を除いた果実、長さ約6mm。
イボクサ果実 イボクサ果実 イボクサ果実
果実は3稜があり、3室ある。先端から見た果実。種子が2個ある。普通1室に2〜3個入る
イボクサ果実 イボクサ果実 イボクサ種子
種子は長さ1.5〜2.5mm。三角状〜四角形。
イボクサ種子 イボクサ種子 イボクサ種子
種子の中央部に太い線形の凸部がある。種子の反対側には凸部はない。
イボクサ種子 イボクサ種子 イボクサ種子
イボクサ イボクサ
2003年9月28日 乃木福富
イボクサ イボクサ
2005年9月17日 八雲
イボクサ イボクサ イボクサ
2004年9月28日 乃白果実
イボクサ イボクサ イボクサ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑