フヨウ(芙蓉)

落葉低木
中国中部原産。古くから栽培され、伊豆半島や紀伊半島、四国南部、九州南部、沖縄では野生化している。高さ1〜4mになる。樹皮は白色を帯び、なめらか。若い枝には星状毛と腺毛が生える。葉は互生。長さ幅とも10〜20cmで、五角形状、ふつう上部は浅く3〜7裂する。先は鋭くとがり、基部はハート形。ふちには鈍い鋸歯がある。葉柄は長さ5〜12cm。葉の両面と葉柄に星状毛と腺毛が生える。托葉は長さ約1cmの線形、星状毛と単毛が生える。枝の上部の葉腋に淡紅色または白色の花をつける。花は直径10〜14cm。花弁は長さ4〜5cmの倒卵形で、縦の筋が入る。萼と副萼片には星状毛と腺毛が密生する。果実はさく果。直径2.5cmほどの球形。表面には長毛が生え、星状毛と腺毛が混じる。東京近郊では10〜11月に熟し、5裂する。種子は長さ約2mmの腎臓形で、淡褐色の粗い長毛がある。花期は7〜10月。
冬芽は星状毛におおわれる。(樹に咲く花)
学名は、Hibiscus mutabilis
アオイ科フヨウ属


2009年8月29日 西川津
フヨウ花 フヨウ花 フヨウ花
フヨウ蕾 フヨウ果序 フヨウ葉
フヨウ葉裏面 フヨウ葉裏面 フヨウ樹皮
フヨウ樹皮 フヨウ フヨウ



2009年11月8日 果実 玉湯果実には毛が密生する。若い果実
フヨウ果実 フヨウ種子 フヨウ果実


冬芽
フヨウ葉 フヨウ葉裏面 フヨウ冬芽
フヨウ冬芽 フヨウ冬芽 フヨウ
2011年2月19日 5裂する果実 西川津種子は長さ約2mmの腎臓形。背面に長毛がある。
フヨウ果実 フヨウ種子 フヨウ果実
果実には毛が密生する。
フヨウ果実 フヨウ果実 フヨウ
2012年1月18日 果実は5裂する。 玉湯種子は長さ約2mmの腎臓形。
フヨウ果実 フヨウ果実 フヨウ種子
種子は長さ約2mm、背面に長毛がある。
フヨウ種子


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑