フトヒルムシロ(太蛭蓆)

多年草
北海道〜九州の貧栄養〜腐食栄養型の池沼、湿原内の池塘や水路など、酸性の水域に生育する浮葉植物。泥中を太い地下茎が伸びて増える。水中茎は〜2m。沈水葉は明瞭な葉柄を欠き、下部から線形〜狭長楕円形〜倒披針形と形態が変化、先端は鋭頭または鈍頭、長さ6〜25cm、幅5〜30mm。浮葉は長楕円形〜広楕円形、長さ5〜13cm、幅2.5〜5cm、鈍頭またはやや鋭頭、葉縁はやや波打ち、基部はくびれて円形または心形、しばしば赤みがかる。春が開花のピークであることが他種と異なる。花穂3〜5cmで密花。花は4心皮。果実は長さ4〜5mm、幅2.5〜4mm、全体に細長く柱頭が突出しない。赤銅色となることが多い。越冬のための特殊な殖芽は形成せず、水中茎のまま冬を越す。 花期は4〜8月。(日本の水草)
学名は、Potamogeton fryeri
ヒルムシロ科ヒルムシロ属


2009年12月27日 玉湯浮水葉は 楕円形で縁が波打つ。沈水葉は細く、葉柄はない。
フトヒルムシロ フトヒルムシロ フトヒルムシロ
フトヒルムシロ フトヒルムシロ フトヒルムシロ



2009年6月14日 花期を過ぎているようだ。 宍道沈水葉は細長く、葉柄がない。
フトヒルムシロ フトヒルムシロ フトヒルムシロ
フトヒルムシロ

沈水葉などを確認していない。
2005年8月28日 東忌部
水中にあったものを持ち上げた。花後の実?
フトヒルムシロ フトヒルムシロ フトヒルムシロ
2005年9月18日 東忌部
フトヒルムシロ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑