フタバムグラ(双葉葎)

1年草
本州〜沖縄の畑や田のあぜになどに生える。高さ10〜30cm。茎は細い円柱形で、基部から枝分かれして斜上するか、横に広がる。葉は対生し、長さ1〜3.5cm、幅1.5〜3mmの線形〜広線形で、ふちにざらざらする短毛がある。葉の基部の托葉は膜質で先が数裂する。花はわずかに紅色を帯びた白色で葉腋に1〜2個つく。花冠は長さ約2mmの筒状で、先は4裂する。花柄はごく短い。萼は4裂して開出し、先端は鋭くとがる。さく果は直径3〜5mmの球形で、萼が残って目立つ。花期は8〜9月。(野に咲く花)
学名は、Hedyotis diffusa
アカネ科フタバムグラ属
 花(果)柄が果実の2〜4倍あるものを変種のナガエフタバムグラ(H. diffusa var. longipes)として区別される場合がある。長さの変化は連続的であるとしてYListでは区別されていない。


2014年8月23日 新庄
フタバムグラ花 フタバムグラ花 フタバムグラ花
花は直径約3.5mm。子房下位。果実の上部に萼片が残る。
フタバムグラ花 フタバムグラ花 フタバムグラ果実
果実は直径約3.5mm。
フタバムグラ果実 フタバムグラ果実 フタバムグラ果実
托葉は膜質で先が裂ける。葉は対生する。葉は線形で長さ約4.5cm。
フタバムグラ托葉 フタバムグラ葉 フタバムグラ葉
フタバムグラ葉裏面 フタバムグラ フタバムグラ



2012年9月20日 東出雲花柄はごく短い。
フタバムグラ花 フタバムグラ花 フタバムグラ花
筒部の長さ約1.5mm。花は直径約4mm。
フタバムグラ花 フタバムグラ花 フタバムグラ果実
葉は長さ約2.3cm。葉の縁には微毛がある。
フタバムグラ葉 フタバムグラ葉 フタバムグラ葉裏面
托葉は膜質で、先が数裂する。
フタバムグラ葉裏面 フタバムグラ托葉 フタバムグラ
フタバムグラ
2006年10月14日 下佐陀
フタバムグラ フタバムグラ フタバムグラ
果実には萼が残る。
フタバムグラ フタバムグラ フタバムグラ
フタバムグラ
2006年9月24日 宍道
フタバムグラ フタバムグラ フタバムグラ
フタバムグラ フタバムグラ フタバムグラ
2014年11月11日 果実 下佐陀
フタバムグラ果実 フタバムグラ果実 フタバムグラ果実
果実は長さ約2mm、萼片が残っている。果実は約2.5×2mm。
フタバムグラ果実 フタバムグラ果実 フタバムグラ果実
微細な種子が多数入っている。種子には網目模様がある。種子は長さ約0.25mm。
フタバムグラ種子 フタバムグラ種子 フタバムグラ種子
種子は不定な稜のある立方体。
フタバムグラ種子 フタバムグラ フタバムグラ
葉は長さ約2cm。葉の裏面。
フタバムグラ葉 フタバムグラ葉裏面 フタバムグラ
フタバムグラ
2015年8月19日 果実 東出雲果実の先に萼片が残る。
フタバムグラ果実 フタバムグラ果実 フタバムグラ果実
果実は長さ約2.5mm。
フタバムグラ果実 フタバムグラ果実 フタバムグラ果実
果実は3mm×2mm。果実の横断面、胎座の周囲に種子がある。若い種子は長さ0.2〜0.3mm。
フタバムグラ果実 フタバムグラ果実 フタバムグラ種子
フタバムグラ フタバムグラ
2012年9月27日 果実 西川津
フタバムグラ果実 フタバムグラ果実 フタバムグラ果実
フタバムグラ

以下は花柄が5mm以上と長く、変種のナガエフタバムグラ(H. diffusa var. longipes)として区別される場合がある。長さの変化は連続的であるとしてYListでは区別されていない。
2012年9月12日 蕾 八雲若い果実。残存する萼が目立つ。
ナガエフタバムグラ蕾 ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ果実
若い果実。直径約3mm。
ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ蕾 ナガエフタバムグラ果実
果柄が長さ約6mmある。葉は長さ約2cm、幅約1mm。
ナガエフタバムグラ果実 ナガエフタバムグラ葉 ナガエフタバムグラ葉裏面
托葉の縁が櫛の歯状に裂ける。果実の横断面。若い種子は長さ約0.4mm。
ナガエフタバムグラ托葉 ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ
ナガエフタバムグラ
2012年10月9日 果実 八雲果実(右)、縦断面(上)、横断面(下)
ナガエフタバムグラ果実 ナガエフタバムグラ果実 ナガエフタバムグラ
種子は長さ約0.4mm。
ナガエフタバムグラ種子 ナガエフタバムグラ ナガエフタバムグラ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑