フサフジウツギ(房藤空木)

落葉低木
中国原産の栽培植物が逸出したものと考えられていたが、本州中部の石灰岩地に自生する在来植物とする説もある。日本で見られるフジウツギ属のなかではもっとも大形で、高さ3mに達するものもある。花筒の外面に毛や腺点がほとんどなく、葉の裏面に軟らかい星状毛が密生することなどが特徴。花は香りがよい。花期は6〜9月。(樹に咲く花)
学名は、Buddleja davidii
ゴマノハグサ科フジウツギ属
フジウツギ 花筒外面に星状綿毛密生、葉裏面に星状毛散生、葉柄基部に托葉状付属体。
フサフジウツギ 花筒外面に毛や腺点がほとんどない、葉裏面に星状毛密生、葉柄基部に托葉状付属体。
トウフジウツギ 花筒外面に星状毛綿毛がなく腺点が密生。葉柄基部に托葉状付属体がない。葉や果実がフサフジウツギの半分くらい。


2012年9月20日 東出雲花冠の先は4裂し、裂片の周囲は細かく浅裂する。
フサフジウツギ花 フサフジウツギ花 フサフジウツギ花
花冠の基部は長い筒部になる。筒の長さは約9mm。花冠は平開し直径約9mm。
フサフジウツギ花 フサフジウツギ花 フサフジウツギ花
蕾。
フサフジウツギ蕾 フサフジウツギ花 フサフジウツギ花序
蕾の花穂、苞が目立つ。
フサフジウツギ花穂 フサフジウツギ花穂 フサフジウツギ蕾
若い果実。若い果穂。
フサフジウツギ苞 フサフジウツギ果実 フサフジウツギ果穂
葉は披針形、長さ約17cm。表面は無毛、細かい鋸歯が多数ある。
フサフジウツギ葉 フサフジウツギ葉 フサフジウツギ葉
裏面は白色。裏面は綿毛のように見える。
フサフジウツギ葉裏面 フサフジウツギ葉裏面 フサフジウツギ葉裏面
葉柄の基部の托葉の付属体。枝には4稜がある。
フサフジウツギ托葉 フサフジウツギ枝 フサフジウツギ花序
フサフジウツギ フサフジウツギ



2013年9月26日 東出雲
フサフジウツギ花 フサフジウツギ花 フサフジウツギ花
2013年1月7日 果実 東出雲果実は紡錘形。長さは約1cm、熟すと2裂し、更に2浅裂する。
フサフジウツギ果実 フサフジウツギ果実 フサフジウツギ果実
種子は多数入っている。種子は両側に細い翼があり、長さ約5mm。中心部は長さ約0.7mm。
フサフジウツギ種子 フサフジウツギ種子 フサフジウツギ種子
若葉が出ている。
フサフジウツギ果穂 フサフジウツギ若葉 フサフジウツギ若葉
枝には4稜があり、托葉状の付属体がある。
フサフジウツギ枝 フサフジウツギ果穂 フサフジウツギ
フサフジウツギ
2016年6月27日 西浜佐陀
フサフジウツギ花 フサフジウツギ花 フサフジウツギ葉
フサフジウツギ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑