フモトシダ(麓羊歯)

常緑性シダ植物
東北地方南部以西〜九州のやや乾いた林下に生える。根茎は長く這う。葉柄はわら色で下部では淡褐色となり、全面に毛が生え、落ちた跡はざらつく。葉身は単羽状複葉。羽片が深裂しない。羽片の表面の羽軸上と裏面全面に短い毛が生え、下部の羽片は最長となる。ソーラスは羽片の辺縁近くにつき、包膜はコップ状。
学名は、Microlepia marginata
コバノイシカグマ科フモトシダ属


2008年9月1日 玉湯
フモトシダ フモトシダ フモトシダ


包膜はコップ状
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ フモトシダ



2008年9月1日 玉湯
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ フモトシダ
2008年6月15日 忌部神社
フモトシダ フモトシダ フモトシダ

ソーラスは羽片の辺縁近くにつく。包膜はコップ状。
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ フモトシダ
2008年5月6日 鹿島
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
羽片基部は少し張り出す。
包膜はコップ状で毛がある。
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ
2008年5月4日 玉湯
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
2008年4月29日 森林公園
羽片の基部が少し張り出す。
フモトシダ フモトシダ フモトシダ

ソーラスは辺縁近くにつく。全体に毛が多い。
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ
2009年3月28日 新芽 玉湯
フモトシダ フモトシダ
2008年5月6日 幼体 鹿島
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ フモトシダ フモトシダ
フモトシダ


島根県松江市の野草や樹木、シダを載せています。
松江の花図鑑